• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスLSI設計技能検定試験「ESA」過去問題解説集 > ≪問題≫Verilog-選択式26

  • エッチ・ディー・ラボ
  • 2012/10/18 00:00
  • 1/1ページ


次のテストベンチ記述では、$displayと信号Aへの代入が同じタイミングで実行される。この記述でシミュレーションを実行した場合、画面に表示されるAの値について正しく説明しているものを選べ。

< 記述 >

< 選択肢 >
1.Aへの代入にノンブロッキング代入文が使われているため、
$displayでは代入後のAの値が表示される

2.Aへの代入にノンブロッキング代入文が使われているため、
$displayでは代入前のAの値が表示される

3.always文で記述されているものが先に処理されるため、
代入前のAの値が表示される

4.$displayで表示されるAの値は、代入前か代入後かは保証
されない

5.$displayは、$displayが呼ばれた時刻での全ての処理が終了
した後に値を表示するため、代入後のAの値が表示される


解答と解説はこちら



* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ