ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

8月の台湾の大型パネル出荷数量、中国国慶節向けが牽引して前年比・前月比共に2ケタ増

中根 康夫=ドイツ証券
2012/10/10 16:08
印刷用ページ

 台湾メーカの8月の大型TFTパネル出荷数量は、対前年同月比(YOY)で+6.3%、対前月比(MOM)では+9.0%の2550万枚だった。主要4社すべてでMOM増加。日本・韓国・中国を含めたグローバルの推計ベースでは、全体で約6900万枚(YOY +17%、MOM +10%)と、YOYとMOMが共に2ケタ増となった。

 台湾の8月の出荷数量はアプリケーション別に見てみると、
(1)テレビ向けが2050万~2100万枚でYOY +23%、MOM +12%(1~8月累計YOY+13%)。
(2)ノートブック(NB)向け(タブレット含まず)が2050万~2100万枚でYOY +8%、MOM+6%(1~7月累計YOY+4%)。
(3)モニター向けが1500万~1550万枚でYOY-5%、MOM+13%(1~8月累計YOY-10%)。
(4)タブレット向けは1200万~1250万枚でYOY+75%、MOMS+8%(1~8月累計YOY+80%)
となっている。

 このようにタブレット向けの出荷数量はMOM1ケタ増を継続した。新しいiPad向けの推定出荷数量は韓国Samsung Electronics社が60万~80万枚、韓国LG Display社は200万~230万、シャープが50万枚程度であり、全体ではMOM2割減と2カ月連続でMOM減少だった。最終需要が若干弱含みである。iPad2は合計でMOM横ばいと、相対的に堅調。Apple関連は全体でMOM減少とみられる。

 AmazonのKindle Fireは7インチ型に加え8.9インチ型の出荷も始まったと見られ、MOM増加。ノートブック向けは最終製品の生産は低調だが、7月がMOM-7%であったため8月はリバウンド。テレビ向けは最終需要の伸び悩みの割には相対的に堅調で、YOY2ケタ増。4カ月連続のMOM減少と不振が続いてきたモニター向けはようやく在庫補充や国慶節向け仕込みなどもあり、MOM2ケタ増となった。8月だけ見ると想定より若干強かったが、傾向としてはおおむね想定線といったところだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング