設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

3次元スキャナ活用の基礎知識

実物の表面形状を点群で表現 寸法だけでなく幾何形状を評価可能に

中山 力=日経ものづくり
2012/10/09 12:26
出典:日経ものづくり、2012年10月号 、pp.79-81 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 部品の3次元形状を正確に計測することは、品質確保には必要不可欠だ。特に近年では特定の点間距離(寸法公差)だけでなく、幾何学的な形状(幾何公差)による品質保証が求められることが増えている。

 加えて、手作業で形状を修正したデザイン・モックアップや金型などを現物で保管するのではなく、3次元データとして保存できれば、その後の設計変更や3次元プリンタを使った試作なども容易になる。

 このような背景から、物体の表面形状を光学的に非接触で計測する3次元スキャナに対するニーズが高まっているのだ(一覧表)。

一覧表●3次元スキャナの例
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング