• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材PICK UP DIGITAL > 3次元スキャナ活用の基礎知識

PICK UP DIGITAL

3次元スキャナ活用の基礎知識

実物の表面形状を点群で表現 寸法だけでなく幾何形状を評価可能に

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2012/10/09 12:26
  • 1/3ページ

 部品の3次元形状を正確に計測することは、品質確保には必要不可欠だ。特に近年では特定の点間距離(寸法公差)だけでなく、幾何学的な形状(幾何公差)による品質保証が求められることが増えている。

 加えて、手作業で形状を修正したデザイン・モックアップや金型などを現物で保管するのではなく、3次元データとして保存できれば、その後の設計変更や3次元プリンタを使った試作なども容易になる。

 このような背景から、物体の表面形状を光学的に非接触で計測する3次元スキャナに対するニーズが高まっているのだ(一覧表)。

一覧表●3次元スキャナの例
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ