坂井 佐千穂=SCSK 製造エンジニアリング事業本部 営業推進部 シニアコンサルタント
2012/10/09 14:00
印刷用ページ
 

現在に繋がるPLM導入最盛期の課題

 本コラム前回で挙げたPLM導入最盛期当時の課題は、そのまま現在の課題となっているものも多い。以下、これらに関してさらに具体的に解説し、留意点も挙げておく(「PLM導入最盛期」に起こった出来事や現象をまとめた表「四半世紀におけるPLMとその適用の変化(前回掲載)」はこちら)。

 PLMツールはPDMツールに対して、一般的に下記の機能が付加され進化してきた。

  • ・設計BOM(Bill of Materials)
  • ・プロジェクト管理〔最小単位はタスク、個人のWBS(Work Breakdown Structure)まで〕
  • ・ドキュメント管理(よろず、オブジェクトの版管理)
  • ・プロセス管理(主には設計変更管理だが、マイルストーンごとのデザインレビューなどを、プロセスの電子認証を含めて)
  • ・ノウハウ/ナレッジ管理(機能は今でも表面的かつ限定的なものでしかないが)

 特に気を付けなければならないのは、「自社の業態を分析した上でPLM導入を図るべきだ」という点である。中でも製品の市場サイクルが1年程度で、次々と新技術・新機能を盛り込む(決してそれが望ましいこととはいえないのだが)製品においては、留意すべき点が多い。代表的な項目は以下の通りである。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

「日経ものづくりNEWS」は、月~金曜日配信の無料メールサービスです

技術者塾
【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、
「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

購読のご案内

毎月1日発行(年12冊)
年間購読料(税込み)
  • 1年(12冊) 16,800円
  • 3年(36冊) 33,600円
  • 一部売価格(税込み) 1,800円
日経ものづくり定期購読キャンペーン