設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

自分は成功していない

荻原 博之=日経ものづくり
2012/09/27 08:50
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
写真◎新しい攪拌機で攪拌している様子。底にあったプラスチックボールがグルグル回りだす。村田氏はこの攪拌機を開発し、エディプラス(本社さいたま市)という会社を設立、代表取締役を務める。
写真◎新しい攪拌機で攪拌している様子。底にあったプラスチックボールがグルグル回りだす。村田氏はこの攪拌機を開発し、エディプラス(本社さいたま市)という会社を設立、代表取締役を務める。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 『日経ものづくり』の人気コラムの1つに「多視済済」があります。優れた人物が多数いる様を表した「多士済済」よろしく、日経ものづくりの専門記者が独自の視点で選んだスグレモノを毎号紹介します。既に70近いスグレモノを取り上げてきましたが、読者の反響が最も大きかったのが、ある攪拌機です。その攪拌機とは…

 羽根のない攪拌機です。写真を見てください。用途に応じて色んなタイプがありますが、これは半球状の金属の下方と側方にそれぞれ3つずつ穴が開いていて、中でつながっています。これを回すと、遠心力により穴の中に入り込んだ水が側方の穴から放出され、同時に下方の穴から水が吸い込まれます。これに伴い、攪拌機の下方に竜巻状のうず流が発生するなど、撹拌流は隅々まで行き渡ります。

 その証拠に、水槽の底に小さなプラスチックボールを入れて攪拌機を回すと、プラスチックボールはスーと真上に上がり、半球状の金属に下から吸い込まれて横から出ていきます。羽根がないのに、間違いなく攪拌されている様子が自身の目で確かめられます。開発したのは、さいたま市にあるヤマテックの専務取締役、村田和久さんで、現在「M-Revo」として市販しています(販売は別会社になります)。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング