• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント書籍レビュー > 【日経BPから】最新の規格と事例で工場の安全対策を網羅

書籍レビュー

【日経BPから】最新の規格と事例で工場の安全対策を網羅

「安全工場」づくりのバイブル 安全システム構築総覧 増補改訂版 災害を技術で防ぐ

  • 2012/10/27 00:00
  • 1/1ページ
「安全工場」づくりのバイブル 安全システム構築総覧 増補改訂版 災害を技術で防ぐ、安全技術応用研究会編著、78,000円(税込)、B5判、1360ページ、日経BP社、2012年4月
「安全工場」づくりのバイブル 安全システム構築総覧 増補改訂版 災害を技術で防ぐ、安全技術応用研究会編著、78,000円(税込)、B5判、1360ページ、日経BP社、2012年4月
[画像のクリックで拡大表示]

 本書は副題に「災害を技術で防ぐ安全工場づくりのバイブル」とうたっている。1360ページにも及ぶ本書は、機械安全の事典とも呼ぶべきもので、工場運営に関わる技術者にとって参考になるだろう。

 2001年に発行した初版では、「人に頼る安全」を「技術で構築する安全」に変えるために、どのような手法を用いるべきかを事例とともに取り上げ、併せて国際的な安全規格の流れを紹介した。

 その後、10年がたち機械安全に関する規格も様変わりしている。本書では、2010年11月に改訂された基本安全規格「ISO12100」を詳細に取り上げたほか、関連する国際規格や米国規格を解説、巻末には規格一覧も掲載した。

 本論となるのが、第3章から第6章にいたる「安全技術の基本」「電気回路を含む機械システムの保護方策」「制御システムの安全関連部および機能安全解説」「リスクアセスメント実践技術の解説」である。第1章や第3章では、実際に起きた災害事例を取り上げ、具体例から安全技術を学べる。

ご購入はこちら

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓