技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
長く読み継がれてきた車両運動力学の古典

長く読み継がれてきた車両運動力学の古典

自動車の運動と制御 車両運動力学の理論形成と応用[第2版]、安部正人著、3,570円

2012/10/13 00:00
印刷用ページ
自動車の運動と制御 車両運動力学の理論形成と応用[第2版]、安部正人著、3,570円(税込)、310ページ、東京電機大学出版局 第2版、2012年1月
自動車の運動と制御 車両運動力学の理論形成と応用[第2版]、安部正人著、3,570円(税込)、310ページ、東京電機大学出版局 第2版、2012年1月
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 本書の最初の版である「車両の運動と制御」を著者が共立出版から出版したのが1979年のこと。今から30年以上も前になる。そこから、車両の運動力学や技術開発の進化を織り込み、改訂版を山海堂から出版したのが1992年のことである。この出版社では、2003年に第2版を出した。出版社を東京電機大学出版局に移し、新たに第1版を出版したのが2008年。それから4年が経過し、第2版として出版されたのが本書である。

 出版社を変えながら延べ4回も改版を重ねる本書は、この分野ではもはや古典であり、車両の運動制御を担当する技術者にとっては名が知られる存在になっている。この第2版で変わった部分はタイヤに関するデータを新しいものに置き換えたことや、最近のモデルベース開発の流れに沿い、「MATLAB/Simulink」の数値計算例を取り入れたことなどである。ラプラス変換を多用するため、機械工学出身者には難解であることでも知られる本書だが、今後も古典的な地位が変わることはなさそうだ。

Amazonで購入
【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング