ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

2012年7月の台湾の大型パネル出荷、前月比で横ばい

中根 康夫=ドイツ証券
2012/09/20 07:00
印刷用ページ

 7月の台湾大型TFTパネル出荷数量はYOY(対前年同月比)で-3.2%。MOM(対前月比)で-2.1%の2340万台だった。主要4社中3社でMOMで増加した。日本・韓国・中国を含めたグローバルの推計ベースでは、全体で約6300万台(YOYは+11%、MOMは0%)となり、YOYでは2ケタ増だった。

 7月のアプリ別の状況は、下記の通りである。
(1)テレビ向けは1800万~1850万台でYOYは+17%、MOMは+5%(1~7月累計のYOYは+11%)。
(2)ノートブックPC(NB)向け(タブレット含まず)は1950万~2000万台でYOYは+4%、MOMは-7%(1~7月累計のYOYは+4%)。
(3)モニター向けは1350万~1400万台でYOYは-9%、MOMは-1%(1~7月累計のYOYは-10%)。
(4)タブレット向けは1100万~1150万台でYOYは+60%、MOMは+4%(1~7月累計のYOYは+81%)。

 出荷数量はタブレットがMOMで1桁増を継続した。New iPad向けの推定出荷は300万~350万台程度であり、全体でMOMは3割減とみられる。最終需要が若干弱含みである。米Apple, Inc.関連は全体でMOM減少とみられる。米Amazon.com, Inc.のKindle FireはMOMが増加に転じたが、本格的に数量が伸びるのは8月からとみられる。しかしながら、新製品向けとみられるその他のAndroid/Windowsタブレット向けのパネル出荷が伸び、全体ではMOM増加を維持した。

 NB向けはIvy Bridge採用の新機種生産で6月のMOMは増加したが、7月には早くも腰折れして-7%。テレビは最終需要の伸び悩みの割には相対的に堅調でYOYが2桁の増加だった。また、モニターは不振が続き4カ月連続してMOMの減少となった。傾向としては概ね想定線であるが、NB、モニターの不調、TVの在庫堆積や頭打ち懸念など、あまり良くない状況が続いている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング