技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

日本へのメッセージ

山田 泰司=EMSOne
2012/09/03 00:00
印刷用ページ

『技術は盗まない。お金を出して買う』日本にアピール

 これは、当社のウェブサイト閲覧には会員登録が必要2週間無料で読める試用会員も用意)において、2012年8月29日付で掲載した記事に付けた見出しの一部だ。この前日の28日に起きた日本と台湾企業を巡るあるニュースについて、台湾メディアの反応を見た上で付けたものなのだが、さて、何のニュースだがお分かりだろうか?

 答えは、電子機器受託生産(EMS)世界最大手、台湾Hon Hai Precision Industry社〔鴻海精密工業、通称:Foxconn(フォックスコン)〕のトップ、郭台銘董事長が、NECの持つ液晶パネル関連の特許について、その一部を購入する意向を明らかにしたというニュース。

 郭氏は28日、蕭万長・台湾前副総統を団長とする「台日経済交流訪問団」の一員としてNECを訪問。その後、メディアに対してNECの持つ液晶パネル関連の特許について、一部を購入する意向を明かした。台湾紙『経済日報』(2012年8月29日付)によると郭氏は、「この件についてはNEC側と既に何カ月も交渉を重ねてきた。突然の思いつきではない」とコメント。ただ、正式合意の時期がいつになるのかや購入の金額については、「まだ契約書を準備していないが、双方は既に共通の認識を持っている。大きな金額になる」と述べるにとどまり、具体的な言及を避けた。

 同日付の日本経済新聞は、購入額を100億円弱だと指摘。ただ、郭氏の発言に対するNEC側の反応として「現時点で合意したことはない」とのコメントを紹介している。

 NECの特許購入を巡る郭氏の発言について、台湾の金融系ネットメディア『cnYES』は、同日付で論評を掲載。「シャープとの提携交渉が大詰めを迎える敏感なこの時期に、まだ正式合意に達していないNECとの交渉を郭氏が一方的に明かすのは、異例のことだと言える」と指摘した。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング