• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスLSI設計技能検定試験「ESA」過去問題解説集 > ≪問題≫Verilog-記述式6

  • エッチ・ディー・ラボ
  • 2012/08/29 00:00
  • 1/1ページ

2つの制御動作を持つ回路をステートマシンで作成した。仕様は以下の通りである。状態遷移図および動作時のタイミングチャートを完成させよ。

< 制御回路の動作 >
・回路の初期化と同時に、停止状態になる
・停止状態でTG_Aを入力→処理Aを実行→処理Bを実行→停止状態
・停止状態でTG_Bを入力→処理Bを実行→停止状態

< 動作条件 >
・外部からの入力TG_A、TG_Bは、クロック1周期分のHighパルス
・外部からのTG_A、TG_Bを受け付けると、各処理に対する起動信号
 BG_A、BG_Bを生成する
・処理A、処理Bが終了した時には、各処理回路はクロック1周期分の
 HighパルスDN_A、DN_Bを出力する
・停止状態以外では、TG_A、TG_Bを受け付けない
・TG_A、TG_Bが同時に入力した時には、TG_Aを優先する

< ブロック図 >

< 状態遷移図 >
ステートの数は3とし、ステート名は以下の通りとする。
・停止状態 ‥STOP
・処理A   ‥ST_A
・処理B   ‥ST_B

< タイミングチャート >
解答欄のタイミングチャートには、クロックと各処理の起動信号と
終了信号が記載されている。ステートの変化を追加して、タイミング
チャートを完成させる。

< 解答欄 >


解答と解説はこちら




* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓