半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 
エッチ・ディー・ラボ
2012/08/29 00:00
印刷用ページ

2つの制御動作を持つ回路をステートマシンで作成した。仕様は以下の通りである。状態遷移図および動作時のタイミングチャートを完成させよ。

< 制御回路の動作 >
・回路の初期化と同時に、停止状態になる
・停止状態でTG_Aを入力→処理Aを実行→処理Bを実行→停止状態
・停止状態でTG_Bを入力→処理Bを実行→停止状態

< 動作条件 >
・外部からの入力TG_A、TG_Bは、クロック1周期分のHighパルス
・外部からのTG_A、TG_Bを受け付けると、各処理に対する起動信号
 BG_A、BG_Bを生成する
・処理A、処理Bが終了した時には、各処理回路はクロック1周期分の
 HighパルスDN_A、DN_Bを出力する
・停止状態以外では、TG_A、TG_Bを受け付けない
・TG_A、TG_Bが同時に入力した時には、TG_Aを優先する

< ブロック図 >

< 状態遷移図 >
ステートの数は3とし、ステート名は以下の通りとする。
・停止状態 ‥STOP
・処理A   ‥ST_A
・処理B   ‥ST_B

< タイミングチャート >
解答欄のタイミングチャートには、クロックと各処理の起動信号と
終了信号が記載されている。ステートの変化を追加して、タイミング
チャートを完成させる。

< 解答欄 >


解答と解説はこちら




* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング