• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスLSI設計技能検定試験「ESA」過去問題解説集 > ≪問題≫Verilog-記述式6

  • エッチ・ディー・ラボ
  • 2012/08/29 00:00
  • 1/1ページ

2つの制御動作を持つ回路をステートマシンで作成した。仕様は以下の通りである。状態遷移図および動作時のタイミングチャートを完成させよ。

< 制御回路の動作 >
・回路の初期化と同時に、停止状態になる
・停止状態でTG_Aを入力→処理Aを実行→処理Bを実行→停止状態
・停止状態でTG_Bを入力→処理Bを実行→停止状態

< 動作条件 >
・外部からの入力TG_A、TG_Bは、クロック1周期分のHighパルス
・外部からのTG_A、TG_Bを受け付けると、各処理に対する起動信号
 BG_A、BG_Bを生成する
・処理A、処理Bが終了した時には、各処理回路はクロック1周期分の
 HighパルスDN_A、DN_Bを出力する
・停止状態以外では、TG_A、TG_Bを受け付けない
・TG_A、TG_Bが同時に入力した時には、TG_Aを優先する

< ブロック図 >

< 状態遷移図 >
ステートの数は3とし、ステート名は以下の通りとする。
・停止状態 ‥STOP
・処理A   ‥ST_A
・処理B   ‥ST_B

< タイミングチャート >
解答欄のタイミングチャートには、クロックと各処理の起動信号と
終了信号が記載されている。ステートの変化を追加して、タイミング
チャートを完成させる。

< 解答欄 >


解答と解説はこちら




* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ