• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > Siファウンドリ4社の売上高、7月は前月比増でTSMCは過去最高

台湾・中国 中根レポート

Siファウンドリ4社の売上高、7月は前月比増でTSMCは過去最高

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2012/08/28 16:00
  • 1/2ページ

前工程ではTSMCがMOM+12%

 台湾の大手Siファウンドリ4社のうち、前工程ではTaiwan Semiconductor Manufacturing社(TSMC)が連結ベースで485億2500万NTドルと、対前年比(YOY)+37.0%、対前月比(MOM)+11.7%の二桁増収と、ドイツ銀行グループ(当社)予想(MOM+4~+6%)を超える良好な内容だった。7月は過去最高売上高を更新した。第3四半期(3Q)の事前予想の達成に必要な8月と9月の売上高は437億~447億NTドル/月(MOM-10~-8%)である。

 3Qにおいても28nmプロセス需要については引き続き強含みの推移を見込むが、その他は主要最終製品の需要停滞を反映し、発注に修正がかかっていく可能性が高い。当社では3Qの売上高をQOQ+7%と予想している。3Qの稼働率を102%、顧客の在庫調整によって4Qには88%へ低下するとみる。2013年1Qを底に28nmプロセス製品の需要が牽引役となって1Q中旬から受注は回復し、2Qの稼働率を94%と予想する。売上高総利益率は、28nmの売上高比率の上昇(28nmの収益性は量産後2年弱程度で全社平均粗利水準に到達する見込み)と稼働率の低下によって、対前四半期比(QOQ)で1.3%ポイント低下の47.3%と予想している。

 しかしながら、同社は1)先端プロセス製品のラインナップ完備、2)強固な顧客層として主要ファブレスやIDM(integrated device manufacturer、垂直統合型のデバイス・メーカー)(大半が顧客)を抱えていることから、調整期間は短く(2013年1Qで終了)、深度(ボトムは2013年1Qの売上高総利益率41.4%、営業利益率28.5%)も浅いとみている。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓