設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

実務で求められる知識 CADデータの管理と活用

望月 達也=静岡文化芸術大学デザイン学部・大学院デザイン研究科教授
2012/11/15 00:00
印刷用ページ

 最終回となる今回は、実務で必要になるCADデータの管理と活用について解説する。設計業務には、設計が主体の技術者、解析の技術者、生産の方法や計画の技術者、部品調達や購買の管理者など、多くの人が携わっている。製品開発のプロジェクトでは、複数の技術者が同時にCADデータにアクセスする。したがって、設計データを管理していないと、誰が、いつ、どの部分を設計したのか、あるいは編集したのか、分からなくなってしまう。

 PDM(Product Data Management)では、リアルタイムにファイルを管理している。具体的には、誰が、いつ、どのファイルを開き、保存したか、また、アクセス中のファイルがあれば、編集や保存ができないように閲覧のみを許可する、というような管理である。

 PDMの中では、構成情報(1つの製品を生産するために必要な部品の数と、その部品同士の組み合わせ方法に関する情報)を基にして部品単位のデータ管理(構成管理)を行っている。本連載の第5回目「アセンブリでは拘束やファイル構造に注意」で解説したように、アセンブリファイルは複数のパーツファイルとリンクしている。設計ではE-BOM(Engineering-Bill Of Material)と呼ばれる部品表が、生産ではM-BOM(Manufacturing-Bill Of Material)と呼ばれる部品表が必要になる。PDMでは設計データ(CADデータ)とE-BOMを管理している。そして、設計変更に伴い設計版数が上がるので、PDMではその全ての設計版数を管理している。

 3次元CADを単体で利用している場合はフォルダで管理することも可能であるが、複数の設計者がアクセスする環境では、PDMによるCADデータの管理が不可欠になる。そのため、3次元CAD利用技術者試験では、データ管理の知識が求められている。(PDMについては、公式ガイドブックのpp.149-152を参照)。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング