技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

中国のFacebookとは?(上)

徐 航明=Tech-On!特約ライター
2012/08/29 00:00
印刷用ページ

 2011年から、SNS(Social Networking Service)サイト「Facebook」の日本における人気急上昇に伴い、「中国のFacebookは何?(中国でFacebookに相当するものは何?)」という質問をよく受けた。しかし、いつもどう答えるべきかと悩んでいた。どうして悩んだかというと、それは、中国には「人人網」や「開心網」など、Facebookと似ているものがあるにはあるが、それらの中国における影響力はFacebookのアメリカや日本などにおける影響力と比べて小さい上、厳密にはFacebookといえそうなものがないという背景があったからだ。

 実際に、ご存じのように、Facebookはまだ中国に進出していないし、中国からFacebookに直接アクセスすることもできない。

 中国のインターネット検索市場では、Googleが中国大陸から撤退した後、Googleを模倣して発展してきた「百度」が同市場をほぼ寡占するような存在となった。それと同じように、Facebookをマネする中国版Facebookが躍進すると考えられたが、なぜか、現実には「中国のFacebookは何?」という質問にすらはっきりと答えられない状況になっているのだ。

 その要因は大まかには2つある、と考えている。1つは、中国のFacebookと訴えている中国のSNSサイトは、表面だけは力を入れてマネをしているもののFacebookの本質を理解していないと思われるからだ。もう1つは、中国ならではのSNSサイト〔中国SINA社(新浪)のSNSサイト「新浪微博」と中国Tencent Holdings社(騰迅)のSNSサイト「Tencent QQ」(「QQ」を通じて提供)〕が大成功したので、Facebookを表面的にマネしたサイトの存在感が薄いことだ。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング