• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

必ず出題されるCADデータの交換とPDQ

望月 達也=静岡文化芸術大学デザイン学部・大学院デザイン研究科教授
2012/10/30 00:00
1/5ページ

 今回の連載は、異なるCADとデータを交換するとき、あるいはCAEやCAMなど別のアプリケーションにデータを転送するとき、どのようなフォーマットを用いるのか、データの品質は大丈夫か、それらについて解説する。これらの事項は、CAD利用技術者に求められる基礎的な知識であり、実務でも重要なものである。

タイトル
図1●3次元CADの構成

 3次元CADには、形状の生成、編集、削除、演算などを処理するモデリングカーネル(Geometric Modeling Kernel)がある。このカーネルには、特定の3次元CADシステムのために独自に開発したものと、汎用的に開発したものがある。後者の代表的なものが、ParasolidACIS公式ガイドブックのp.135を参照)である。図1に3次元CADの構成を示す。CADはモデリングカーネルを核にコマンドがプログラミングされている。そして、ユーザー向けにカスタマイズしたものなどの上位の機能(アプリケーション)がAPI(Application Programming Interface)でプログラミングされている。

 したがって、図2に示すように異なるCADであっても同じカーネルを使用していれば、カーネルのフォーマットでデータを交換することができる。ただし、それぞれのCADが独自に定義している注記や属性情報などは交換できない。カーネルが異なれば、当然、データの交換はできない。

タイトル
図2●モデリングカーネルによるデータ交換
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング