• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり3次元CAD利用技術者試験を攻略 > 押さえておきたい移動/ブーリアン演算

3次元CAD利用技術者試験を攻略

押さえておきたい移動/ブーリアン演算

  • 望月 達也=静岡文化芸術大学デザイン学部・大学院デザイン研究科教授
  • 2012/09/28 00:00
  • 1/4ページ

 今回は、ソリッドの移動(複写)と、2つのソリッドのブーリアン演算について解説する。ソリッドの位置や姿勢を変更する基本的な操作に移動(複写)がある。市販の3次元CADでは操作の利便性を高めるために座標系のナビゲーションが表示され直感的に移動(複写)を実行することができるが、3次元CAD利用技術者試験の公式ガイドブックではその基本として、「平行」「回転」「ミラー」の3つを定義している。平行はソリッドの並進移動を、回転はソリッドの回転移動を、ミラーはソリッドの対称移動をそれぞれ実行するものである。平成22年度2級前期試験の設問43と同年度2級後期試験の設問50を事例にソリッドの移動(複写)について解説する。また、2つのソリッドのブーリアン演算については、平成23年度2級前期試験の設問49を事例に解説する。

平成22年度2級前期試験の設問43
[画像のクリックで拡大表示]
平成22年度2級後期試験の設問50
[画像のクリックで拡大表示]
平成23年度2級前期試験の設問49
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓