• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり3次元CAD利用技術者試験を攻略 > 押さえておきたい移動/ブーリアン演算

3次元CAD利用技術者試験を攻略

押さえておきたい移動/ブーリアン演算

  • 望月 達也=静岡文化芸術大学デザイン学部・大学院デザイン研究科教授
  • 2012/09/28 00:00
  • 1/4ページ

 今回は、ソリッドの移動(複写)と、2つのソリッドのブーリアン演算について解説する。ソリッドの位置や姿勢を変更する基本的な操作に移動(複写)がある。市販の3次元CADでは操作の利便性を高めるために座標系のナビゲーションが表示され直感的に移動(複写)を実行することができるが、3次元CAD利用技術者試験の公式ガイドブックではその基本として、「平行」「回転」「ミラー」の3つを定義している。平行はソリッドの並進移動を、回転はソリッドの回転移動を、ミラーはソリッドの対称移動をそれぞれ実行するものである。平成22年度2級前期試験の設問43と同年度2級後期試験の設問50を事例にソリッドの移動(複写)について解説する。また、2つのソリッドのブーリアン演算については、平成23年度2級前期試験の設問49を事例に解説する。

平成22年度2級前期試験の設問43
[画像のクリックで拡大表示]
平成22年度2級後期試験の設問50
[画像のクリックで拡大表示]
平成23年度2級前期試験の設問49
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ