技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

HDD事業を売却しサービスに特化したIBMがSSDメーカーを買収するわけ

水平分業からハード・ソフト・サービス統合の時代へ

竹内 健=中央大学 理工学部 教授
2012/08/20 10:46
印刷用ページ

 米IBM社がSSDメーカーのTexas Memory Systemsを買収することが、8月16日に両社から発表されました(Tech-On!関連記事)。IBMといえば、かつてはパソコンやHDD、半導体製品などを製造・販売し、コンピュータのハードウエアの老舗とも言えるメーカーでした。

 ところが、垂直統合から水平分業への産業の変化、グローバル競争の激化により、2000年代初頭にIBMのハードウエア事業の収益は悪化。IBMはパソコンやHDDといったハードウエア事業を売却・撤退し、ITサービスビジネスに特化するという事業の転換を行いました。

 パソコンに関しては、水平分業化により、付加価値は米Microsoft社のOSであるWindows、米Intel社のCPU、韓国Samsung Electronics社のDRAMなどに移り、パソコン自体はコモディティー化しました。IBMは2005年にパソコン事業を中国のLenovoに売却しました。

 また、水平分業化されたOS、CPU、DRAM、HDDといった部品やソフトの業界では、厳しい価格競争と寡占化が進みました。その結果、IBMはこれらの部品の業界からも撤退を余儀なくされ、HDD事業を2002年に日立に売却しました。

 IBMはこうして、10年前にハードウエア事業から撤退したにもかかわらず、今なぜ、SSDメーカーを買収し、ハードウエア事業を取り込んだのでしょうか。IBMの現在の主力なビジネスは、金融や流通などのサーバーシステム、クラウドデータセンタやビッグデータを用いたデータ解析など、ITインフラとサービスです。

 その理由は、いままさに、SSDという革新的なハードウエアの出現によって、コンピュータアーキテクチャのみならず、サービスまでもが変わろうとしているのです。携帯電話機、パソコン、サーバーなど現在のコンピュータでは、アクセス時間が、nsオーダーのCPUやSRAM、数10nsのDRAM、10msのHDDと階層構造になっています。このようなコンピュータのアーキテクチャは数十年の間変わりませんでした。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング