• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスLSI設計技能検定試験「ESA」過去問題解説集 > ≪問題≫VHDL-記述式3

  • エッチ・ディー・ラボ
  • 2012/08/15 00:00
  • 1/1ページ

以下の文章内の空欄(1)、(2)、(3)、(4)に当てはまる語句を示せ。

< 文章 >

LSI 内部の電源配線は、アルミあるいは銅などの金属によって配線されており、無視できない【(1)】があります。この【(1)】によって内部電源の【(2)】が低下してしまう問題をIRドロップと呼んでいます。
 
近年、プロセスの微細化により駆動【(2)】が低くなっており、許容される【(2)】幅が小さく、IRドロップによる誤動作が起きやすくなります。
 
IRドロップの対策としては、配線の【(1)】を低くするため、電源配線をより多く、より太くすることと、外部端子当たりの【(3)】量を減らすために【(4)】を増やすなどが考えられます。


解答と解説はこちら




* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓