• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマエディターズ・ノート > CFRPで軽量スケールを造りました

エディターズ・ノート

CFRPで軽量スケールを造りました

  • 林 達彦=日経Automotive Technology
  • 2012/08/07 10:09
  • 1/1ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2012年5月号の特集で「CFRPでクルマを造る」という特集を担当し、トヨタ自動車の「レクサスLFA」やドイツBMW社のEV「i3」のCFRP(炭素繊維強化樹脂)技術を紹介しました。かつてはF1レースカーなどの高価なクルマにしか使われていなかった素材ですが、航空機ではすでに当たり前となり、今後自動車への適用が期待されています。

 特集とコラボレーションしたというのには遅すぎるのですが、せっかくなのでこの素材を使ってなにかグッズが造れないかという話が持ち上がりました。編集部で検討を重ねた結果、たどりついたのがタイトルにある「軽量スケール」の作製です。このグッズは8月31日までに「日経Automotive Technology」の新規購読を申し込んでいただいた方への特典として用意しました。例年、ちょっとした冊子をおまけにつけていたのを、今回はCFRPスケールに変えたのです。表には、15cmおよび6インチの目盛りが印刷されており、裏には日経Automotive Technologyのロゴを入れました。

 自動車関係の技術者なら、手帳などにしおり代わりのスケールを挟んでいる方がいらっしゃると思います。通常のスチール製は10g程度ありますが、このスケールはわずか3gと1/3以下なので、軽さを実感していただけるはずです。

 造り方も凝っています。素材は表面と裏面が平織りのプリプレグ、内側の3層がUD(一方向)のプリプレグで、全部で5層構成です。それらを積層した後、オートクレーブで真空加熱して仕上げました。表面はつや消し処理してあり、目盛りが読みやすくなっています。

 このCFRPスケール、社内関係者からは「ほしい!」という声が多く上がり、好評を博しています。ぜひこの機会に新規購読をご検討ください。

[クリックすると拡大した画像が開きます]
48V化で変わるHEV勢力図
~日本は欧州の標準化に対抗できるのか~
Valeo社、Continental社、Infinion社など主要企業が講演


欧州メーカーが2016年に48Vのマイルドハイブリッド車(HEV)を実用化します。48V化する最大の狙いは、発電機で、エンジン駆動力をアシストできるようにすること。燃費が向上し、欧州の2021年規制(CO2排出量=95g/km)をクリアしやすくなります。一方の日本は、各社が200V程度の高電圧電源を搭載し、専用の駆動用モーターを配置する、本格的なストロングHEVで世界をリードしています。日本は欧州勢に対抗できるのか━━。今回のセミナーでは、48V規格の最新動向から、事例、HEV市場に与えるインパクトまで、多面的に迫ります。詳細は、こちら

日程 : 2016年5月24日
会場 : 関内新井ホール (横浜・関内)
主催 : 日経Automotive

おすすめ