• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスLSI設計技能検定試験「ESA」過去問題解説集 > ≪問題≫VHDL-選択式1

  • エッチ・ディー・ラボ
  • 2012/08/01 00:00
  • 1/1ページ

故障検出についての説明及び考え方について、次の文章のうち正しいものはどれか。

< 選択肢 >

1.故障検出率が100%であれば、確実に不良品を選別できるので、不良品を出荷することはない

2.故障検出用のテストパターンは、ATPGツール(自動テストパターン発生ツール)で発生させるだけで、設計者は故障検出用のテストパターンを全く用意しなくてよい

3.もし、設計者が用意したテストパターンで故障検出率が100%ならば、製造後バグによる動作不良は発生しない

4.FPGAを使用して回路設計をする場合には、故障検出率を考えなくてよい

5.故障検出率が97%であれば、検査したLSIの内の3%が不良品 となる

解答と解説はこちら

* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ