• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント竹内 健の「エンジニアが知っておきたいMOT(技術経営)」 > イチローの爽快感と日本の組織の閉塞感

竹内 健の「エンジニアが知っておきたいMOT(技術経営)」

イチローの爽快感と日本の組織の閉塞感

実力主義が適材適所を促す、年功序列が組織の新陳代謝を邪魔してないか

  • 竹内 健=中央大学 理工学部 教授
  • 2012/07/30 18:46
  • 1/3ページ

 イチローが7月25日に電撃的にヤンキースに移籍しました。早速、古巣のマリナーズ戦に先発し、ヒットを飛ばしました。移籍したその日に、古巣の本拠地で、古巣と対戦し活躍する。まるでドラマのような、劇的で爽やかなシーンでした。

 イチローの移籍の背景には、昨年、今年とイチローの成績が振るわず、若返りを図るマリナーズの中では、イチローの居場所がなくなりつつある、という厳しい現実があったようです。プロ野球は実力主義ですから、過去に素晴らしい実績があるスターだとしても、力が落ちてきたら、残ることができない。

 一方、ヤンキースはワールドシリーズでの優勝を目指しているので、即戦力となる選手が欲しかった。イチローとしても、ヤンキースに移籍することで、活躍の場が与えられ、大きなチャンスです。強豪のヤンキースに移籍することで、ワールドシリーズで優勝するチャンスも出てきました。また、住む場所が、シアトルからニューヨークに移るだけでも、相当、刺激を受けるのではないでしょうか。

 こうして、イチロー、ヤンキース、マリナーズの3者にとって、今のところは、いいことばかりの移籍に見えます。もちろん、本当に良かったと言えるかは、これからのイチローの活躍にかかっています。メディアやファンの目が厳しいヤンキースですので、イチローが活躍できなければ、すぐにお払い箱になってしまうかもしれません。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓