半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

MEMS市場を倍増させる2分野とは

Jean-Christophe Eloy=President & CEO, Yole Developpement社
2012/08/03 09:00
印刷用ページ
2017年までのMEMS市場予測(フランスYole Developpement社の2012年7月のデータ)
2017年までのMEMS市場予測(フランスYole Developpement社の2012年7月のデータ)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 モーション(動き)検知やマイクロ流体の分野は、力強い成長を続けていることから、次第にMEMS(微小電子機械システム)市場の多くを占めるようになるだろう。2017年には、加速度センサ、ジャイロスコープ(角速度センサ)、磁気センサ、そして複合センサの比率がMEMS市場全体の25%、マイクロ流体デバイスが23%となる。この2分野でMEMS市場全体の半分を占めることになる。

まだまだ成長続ける慣性センサ


 モーション・センサの市場は、今後3年間は成長するはずだ。そして、2017年までに52億米ドルの事業機会を生み出すだろう。しかし、競争と価格の下落、市場の成熟、そして企業の統廃合の増加によって、全体としてのCAGR(平均年間成長率)は8%程度に抑えられるだろう。

 加速度センサは、ほぼすべてのスマートフォンに使用され、またフィーチャー・フォンにも採用が増えてきているため、成長の先頭を走っている。携帯電話機市場全体も、まだ急速に成長していて、2017年までに販売台数がさらに10億台増えると予想されている。スマートフォンの割合も増え、おそらく販売台数も今後3年以内に4億5000万台から9億台に倍増するだろう。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング