• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新PICK UP DIGITAL > 3次元CADデータの変換と活用

PICK UP DIGITAL

3次元CADデータの変換と活用

ファイル単位の変換から部分変換へ 用途に応じてデータ内の情報を取捨選択

  • 木崎 健太郎=日経ものづくり
  • 2012/08/01 00:00
  • 1/6ページ

3次元CADで作成したデータを、他の3次元ソフトで読み込み、表示、編集するためには、データ形式の変換が必要になる。現状はファイルを単位とする変換が主流だが、データの利用目的や作業の進行状況に応じて、必要な部分だけを変換する考え方が浮上している。

 3次元設計が進展し、多様な3次元CADが使われるようになった。3次元データを企業間や部署間でやり取りする際に、相手が違うCADを使っている場合も多く、データ形式の変換は避けて通れない。

 しかも、3次元CADはコンピュータへの計算負荷の大きいソフトであり、データ容量も大きく、中に含まれている情報も複雑。用途に応じた変換と活用のためのさまざまなツールが市販されている(一覧表)。

一覧表●3次元CADデータを扱う主なデータ変換/活用ツール
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ