• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントエディターズ・ノート > 会社にしがみつくミドルの愛社精神が、日本メーカーの競争力を奪う

エディターズ・ノート

会社にしがみつくミドルの愛社精神が、日本メーカーの競争力を奪う

  • 大森 敏行=日経エレクトロニクス
  • 2012/07/27 10:00
  • 1/3ページ

 先日、ある製品分野にとても詳しく、日本メーカーの海外進出をサポートしている専門家の方に、匿名を条件に取材する機会がありました。よく言われていることではありますが、この方も日本メーカーに対して「とにかく決断が遅い」との印象を持っていました。リスクを取って決断を下すことができるリーダーの不在は、メーカーのみならず「日本の最大の問題」(同氏)とのことです。

 日本のメーカーから優秀な人材がどんどん辞めていくという話をよく聞きます。そうした人の中には、韓国Samsung Electronics社をはじめとする海外メーカーに転職していく人も多い。ただ、そうした海外メーカーは年収はいいものの、在籍できる期間はせいぜい2~3年。利用価値がなくなったと判断されればお払い箱です。

 この専門家の方によると、中国のベンチャー企業の中には、Samsung社での開発を終えた日本人の開発者チームを丸ごと引き取って、新製品を開発しているところもあるそうです。こうしたアグレッシブさはさすが中国だと思います。

トップページへ

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓