家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

海賊版が好きなのではない、いい無料ソフトに積極的なのである

山谷 剛史=中国・アジアITジャーナリスト
2012/07/23 00:00
印刷用ページ
タイトル
PCソフト海賊版販売店
タイトル
海賊版反対を訴える横断幕はあるものの…

 中国といえばまず印象として、海賊版を思い浮かべる人が多いのではないか。「山寨機(さんじゃいじ)」と呼ばれるノンブランドの製品は、最新チップの供給次第で最新のメーカー製品と“スペック上”は十分に張り合える(ただし、スペックには表れないところで、山寨機のつくりは雑で壊れやすい)。そうした中、ソフトウエア面に差別化の要素を求めるのは自然なところ。ところが、ソフトの場合、海賊版が待ち構えていて「さあどうしたものか」となる。

 非営利団体のBusiness Software Alliance(BSA)によれば、中国のビジネスソフトの違法コピー率は77%(日本は21%)。ところが、BSAの発表数日後に合わせたようにリリースされる中国発の発表(互聯網実験室)によれば、違法コピー率は38%であるという。「なんだ、メンツのために嘘をつくのか」と思うかもしれないが案外そうでもない。

 パソコン(PC)においては、ほぼ全てのPCユーザーがWindowsを利用する。中国は未だに、Windows XPの利用率が世界で一番高く、Windows XPとWindows 7の利用者が多い。Linuxは中国語のディストリビューション(頒布形態)も出ているが、ユーザーはほぼゼロ。「貧しいからLinuxを出せば普及するだろう」ではなく、「貧しかろうと飯の種になるWindowsを利用したい」と中国人(筆者が訪れた他の多くの国もそうだった)は思うわけだ。安価なCPU「atom」や同「Celeron」を搭載したPCを欲しがらない道理(中国人がCeleron搭載パソコンを買わない理由)と同じである。

 そのWindowsに関しては、プリインストールされているメーカー製のPCも増えてはきている。しかし、未だに安さを武器にすべく、Free DOSやLinuxをプリインストールした製品をリリースするメーカーもある。PCを自作する場合も、Windowsなしのメーカー製PCを購入するときと同様に、まずはアップデートパッチに適応済みのカスタマイズされた海賊版Windowsをインストールする。オフィス系ソフトに関しては、プリインストールされたPCは皆無に近く、米Microsoft社の製品の海賊版がインストールされがちだ。海賊版が氾濫するため、日本にも進出する中国Kingsoft社(金山軟件)は個人向けには無料でオフィス系ソフトをリリースする。だが、やはりMicrosoft社製品の海賊版の利用者が多い。

 以前は「さてオフィス系ソフトの次はフォトレタッチ・ソフト(デジタル画像編集ソフト)だ」とばかりに、フォトレタッチ・ソフト「Adobe Photoshop」の海賊版が中国のPCユーザーの間では定番ソフトとなっていた。だが最近では、中国でリリースされたフォトレタッチのフリーソフトが人気である。「撮った写真を気軽に美しく補正できればいい」「自身の写真をよりかわいく格好良くアレンジできればいい」--そういったニーズに合わせたフリーソフトを中国のPCユーザーは支持したのである。こうした状況にあるのは、フォトレタッチ・ソフトだけではない。OSとオフィス系ソフト以外でいえば、頻繁にアップデートせざるを得ないセキュリティー・ソフトは例外としても(有料の正規版を導入)、後は無料の中国産ないしは中文化された海外の人気フリーソフトを導入するのが一般的だ。

 乱暴なことをいえば、正規版の実売価格が10万円を超えようが数千円だろうが、元々全てが海賊版に囲まれた環境では関係なく、「使えるか」「周りが使っているなど評判がいいか」が消費者にとって重要となる。Windowsにしても、海賊版問題を抱えながらも、新しいバージョンが出たら誰もが利用するというわけではなく、未だにWindows XPが支持されているのである。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング