技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

中国開発区データベース

2012/07/09 17:57
印刷用ページ
趣旨
経済成長に若干の陰りが見えてきたものの、日本と比較して大きな市場を持つ中国は、製造業にとってこれからも大きな魅力を持つ。中国に拠点を構える際、各種の優遇政策によって後押ししてくれるのが開発区だ。中国には各地に開発区があり、日本企業の進出を歓迎してくれる。このコラムでは、各地の開発区の概要を、順次紹介していく。
※注
●本データベースの内容は、うるるから提供を受けています。
●各開発区の担当者にアンケートを依頼し、その回答結果を掲載しています。
●アンケートは中国語で依頼、回答結果を中国語で受け取り、その結果を日本語に翻訳して掲載しています。正確に翻訳することを心掛けていますが、誤りがある場合があります。進出企業などの名称は、基本的には回答結果をそのまま掲載しています。また、回答結果から期間が経ってしまっていることもあり、各種の制度は変更している可能性があります。詳細に進出などを検討したい場合は、必ず回答内容を各開発区に確認してください。
株式会社うるる (http://www.uluru.in/)
2005年よりBPO分野にて複数の中国大連市企業とのパートナーシップ契約を締結。5,000社以上のBPO支援を行ってきた。2011年には、BPO分野で日本法人では唯一、中国南通市に進出。現在数百名体制のBPOセンターへと発展。現地にて、ITスキルを教えるアカデミースクールも運営し、BPOに携わる人材の育成にも着手。また、運営する中国進出ポータルサイトでは、中国開発区の外資企業誘致条件など、中国進出における有益な情報を提供。2010年より3年連続ベストベンチャー100に選出。

記事一覧

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング