技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
徐 航明=Tech-On!特約ライター
2012/07/10 00:00
印刷用ページ

 近年、「微創新」という言葉が、中国のネットメディアやIT関連の新聞/雑誌などでよく使われている。中国語の「創新」はイノベーションの意味であり、微創新とは、文字通り、「大きい」イノベーションではなく、「かすかな/小さな」イノベーションに相当する。「微創新」が本当のイノベーションかどうかは、イノベーションの定義や範疇(はんちゅう)、イノベーションに対する理解や見方にもより、中国ではそうした議論も含めて「微創新」が注目される1つの話題になっている。「微創新」という言葉は、中国におけるイノベーションの現状を映し出したものともいえる。

微創新の由来

 この言葉は、最初はIT業界で用いられるようになった。その背景には、中国のインターネット・サービスのほどんどがアメリカのモデルをコピーして始まったことがある。

 Yahoo → sina.com …
 eBay   → taobao.com …
 YouTube  → ku6.com …
 Google  → baidu.com …
 Facebook → renren.com …
 LinkedIn → kaixin.com …
 Twitter  → weibo.com …
 Groupon  → 。。。。。。

 ポータルサイトはもちろん、検索、Eコマース(電子商取引)、ビデオ共有、SNS(Social Networking Service)、割引クーポン共同購入など、あらゆる種類のインターネット・サービスがそのように始まったと言っても過言ではない。アメリカのモデルをコピーする業者は1社や2社にとどまらず、多数の業者によってコピーされている。例えば、割引クーポン共同購入サイト「Groupon」をコピーするサイトは中国では、数百以上という。

 C2C(Copy to China)と言われるこのような事業モデルは、中国でも批判の声が多い。そのような指摘に対して、IT業界からは「それは単純なコピーではなく、微創新による発展のたまものだ」という声も上がっており、メディアでは「微創新とは何か」「微創新はイノベーションか」といった議論が広がっている。

 実際には、微創新に関する厳密な定義は現状ではないが、製品やサービスの創出に対しては、中国では大まかには次のように捉えられているようだ。

(1)製品やサービスは、開発者の視点や技術の視点で作られるものではなく、機能や技術の斬新さを競うものでもなく、ユーザー視点からユーザーの細かいニーズに対応することを目指すべきものである。

(2)最新さやオリジナルな発想、完璧さにはこだわらず、小さくても、シンプルでも、一点から突破して、いち早く消費者の心をつかむことが重要である。

 キーワードで示せば、ユーザー体験重視、一点突破、スピード重視である。

 前述のように、インターネット・サービスは、当初はほとんどがアメリカのネットサービスをコピーしたものだったが、その後は、いわゆる微創新によって中国のユーザーに適応するネットサービスへと発展してきている。例えば、中国を代表するポータルサイト「新浪」を開いてみれば分かるように、インターネット・サービス・サイト「Yahoo」のデザインや機能と完全に別物であるように見える。ビデオ共有サービスサイト「KU6」と同「YouTube」を比べてみても、違いが目立つ。「中国版Twitter」といわれるSNSサイト「微博」は、同「Twitter」よりも機能が豊富で便利と感じる中国人は少なくない。このように、微創新というアプローチは中国ではかなりの支持が得られているといえる。微創新で微革命を起こし、業界を変えるという本までも出版された。

タイトル
微創新を提唱する「微革命」という本の表紙(筆者撮影)

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング