• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

2級でも重視されるモデリングの経験

望月 達也=静岡文化芸術大学デザイン学部・大学院デザイン研究科教授
2012/07/10 00:00
1/4ページ

 3次元CAD利用技術者試験の2級では、3次元CADの概念、3次元CADの機能と実用的モデリング手法、3次元CADデータの管理と周辺知識、3次元CADデータの活用に関する知識が問われる。2級の試験は筆記試験ではあるが、モデリングの経験が要求される設問がある。具体的には、フィーチャベース・モデリングとパラメトリック・モデリングに関する設問である。

 フィーチャベース・モデリングとは、「プロファイル」と呼ばれる平面図形を押し出したり、回転させたりして形状の特徴を生成するモデリング手法である。「押し出し」「回転」という定義がフィーチャである。この手法はソリッドモデルを定義する一般的なものである。フィーチャベース・モデリングでは定義されたフィーチャの履歴を管理しているので、フィーチャの順序を入れ替えると形状が変わることがある。

 パラメトリック・モデリングとは、プロファイルの寸法や位置、フィーチャ定義の数値(押し出し距離、回転角度など)を変更して形状のサイズを変える手法である。

 平成22年度前期試験の設問44~48を事例に、フィーチャベース・モデリングとパラメトリック・モデリングに要求される知識とスキルを紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(2/17開催)知財情報戦略であぶり出す自動車分野の技術開発動向
~自動運転、FCVを中心として~


自動車メーカー各社が開発を進める自動運転技術と燃料電池車(FCV)。それぞれを牽引する、米Google社とトヨタ自動車に焦点を当て、両者の強みや技術開発戦略を、知財情報解析を駆使してあぶり出します。その上で、日本メーカーとして留意すべき点、対策すべき点を明らかにします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月17日(水)13:00~17:00
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング