技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「こんな製品を開発します」では投資してもらえない

企業にとって技術は手段であって目的ではない

竹内 健=中央大学 理工学部教授
2012/07/02 11:40
印刷用ページ

「開発する製品や技術の説明はあるんだけど、ビジネスや収益の見通しがないんですよ」

 苦境が続く電機メーカーの経営者が経営方針を説明する会に出席した金融業界の方々のぼやきです。確かに、エレクトロニクス業界では、技術や製品の開発をしていれば、ビジネスモデルをさほど気にしなくてよい時代が続きました。

 例えば、半導体業界では、ムーアの法則に則って、微細化を行い、低コスト化、大容量化、高速化を行ってきました。パソコンの市場が成長し続けていた時は、微細化によって市場は自然と拡大しました。また、液晶ディスプレイについても、高画素化・大面積化を行えば、市場が拡大していきました。

 ところが、パソコンは十分に性能が高くなり、液晶テレビの画面は十分に面積が大きくなり、低価格になりました。つまり、半導体製品や液晶ディスプレイの低コスト化・高性能化が必ずしも市場拡大に結び付かなくなったのです。

 エレクトロニクス業界のエコシステムは単純です。
(1)設備投資(半導体の微細化、ディスプレイの大面積化など)を行う
(2)投資により、集積度の向上やコストの低減を行う
(3)コスト低減により、製品の価格が低下する
(4)価格低下により、応用製品が拡大し、市場が成長する
(1)回収した資金によって再び設備投資を行う
・・・
といったサイクルをまわし続けるのです。

 現在苦境に陥っている、DRAMや液晶ディスプレイは、市場の飽和により、(4)応用製品の拡大・市場の成長、が鈍っています。そうすると、半導体の微細化やディスプレイの大面積化は、単なる価格暴落を引き起こすだけ。技術開発により、自分で自分の首を絞めることになるのです。

 システムLSI事業も状況は深刻です。機能を多く搭載しても、必ずしも高い付加価値にならない。また、顧客の要求を応えようとして、機能をカスタマイズをした結果、製品の品種の数が増えてサプライチェーンが混乱。その結果、製造コストが増加してしまっています。

 多機能、多品種という技術開発が必ずしも高い収益をもたらさないのです。一方、米国のMarvelやLSIのように、HDDやSSDといったストレージのコントローラという特定の市場に絞った企業が、高収益をあげている場合もあります。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング