技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「バイオで突破するにはどうすりゃいいんだ?」を考えてみる

久保田達也=サイバー大学IT学部教授,イッツ代表,冒険家
2012/06/28 00:00
印刷用ページ

 世界的な経済の不透明感は、日本の企業ですら先行きが見えずに二の足を踏んでいる感がある。当面は消耗戦に備え自粛策オンリーになるのはやむを得ないが、いずれは突破口を見つけなければ生き残る事は難しい。

 第二、第三のパラダイム・シフトが次々に襲ってきているわけだが、それらに対応しつつもわずかに残された余力でブレイクスルーするきっかけを掴みたい。となると我々がカオスの淵にいるのだとすれば、まったく新しい視点で経済を見なければ突破口は見つける事ができない。

 突破口とは何か?

 IT時代の覇者ビル・ゲイツ氏が「もしいま自分が学生だとしたら生物学(バイオ)を学ぶ」と言ったそうだ。ではそのパラダイム・シフトを引きおこすかもしれないバイオとは何か? 企業に取ってバイオとは何か? カオスの向こう側にあるかもしれないバイオとはいったいどんなことなのだろうか? と次々に疑問がわく。

 もう少しわかりやすくバイオ科学は身近な我々の生活や消費者の価値観に、どのような影響を及ぼすのかを考えようとしてみた。例えば聞いた事もない新しい病気が連日ニュースに報道されるが、それらに対応する新薬はどのように作られているのだろうか? などなど。

東京農業大学バイオサイエンス学科の矢嶋俊介教授
東京農業大学バイオサイエンス学科の矢嶋俊介教授

 ここから先は素人があれこれ考えても仕方がない。専門家に伺うべきだと考え、薬分子のスペシャリストである東京農業大学バイオサイエンス学科の矢嶋俊介教授をインタビューした。

 「薬の働きは、カギとカギ穴に例えて説明されることが多くあります。カギ穴を病気や痛みの原因物質とし、カギを薬に例えるのです。病気や痛みの原因となるカギ穴の構造を解明して、それにぴったりのカギを自然界から発見したり、化学反応を利用して作り出したりします。それらを体に投与して病気が解消されるといった成果が、続々と発見されています」。

 人間の歴史を振り返ると、例えば漢方薬などは前者(自然界から発見する)にあてはまる。何千年という月日をかけて人間は経験的に「この病気にはこの野草が効く」という例を多く見出してきた。当時は薬草がなぜ効くのかはわからなかったが、現在では植物中のどの分子が薬として作用し効能を示すかなどが精密分析機器を用いた分析とバイオテクノロジー理論によって明らかにしたうえで、創薬を生み出す時代が誕生したのである。矢嶋先生は病気の原因物質となるタンパク質やそれに作用する薬分子の構造などを研究している。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング