• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスLSI設計技能検定試験「ESA」過去問題解説集 > ≪問題≫Verilog-選択式2

  • エッチ・ディー・ラボ
  • 2012/06/20 00:00
  • 1/1ページ

故障検出についての説明及び考え方について、次の文章のうち正しいものはどれか。

< 選択肢 >

1.故障検出率が100%であれば、確実に不良品を選別できるので、不良品を出荷することはない

2.故障検出用のテストパターンは、ATPGツール(自動テストパターン発生ツール)で発生させるだけで、設計者は故障検出用のテストパターンを全く用意しなくてよい

3.もし、設計者が用意したテストパターンで故障検出率が100%ならば、製造後バグによる動作不良は発生しない

4.FPGAを使用して回路設計をする場合には、故障検出率を考えなくてよい

5.故障検出率が97%であれば、検査したLSIの内の3%が不良品 となる

解答と解説はこちら




* 解答と解説を見るには有料サービス「Tech-On!プレミアム」の加入が必要です。「Tech-On!プレミアム」の詳細はこちらから。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ