技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

海外の巨大企業との連携で、ピンチをチャンスに変える

懐に飛び込み、日本の技術を世界標準に

竹内 健=中央大学 理工学部教授
2012/06/11 08:00
印刷用ページ

 シャープの液晶パネルの事業にiPhoneやiPadの製造を手掛ける台湾の鴻海精密工業(Hon Hai)が出資。ルネサス エレクトロニクスは世界で4割もの市場シェアを有するマイクロコントローラ(マイコン)の製造を、世界最大の半導体製造の専業メーカーである台湾のTSMCに委託。

 経営難に苦しむ日本企業と、製造の規模で圧倒的に優位に立つ台湾の企業との連携が相次いでいます。日本企業は資金を得たり、工場のリストラにより、当面の経営の危機を避けるのが狙いでしょう。

 一方、台湾の企業の狙いはシャープの液晶や、ルネサスのマイコンと言った日本企業の技術。経営難に苦しむ日本企業の技術力に目をつけた、こうした外国企業との連携や投資は今後も増えるでしょう。

 ただ、Hon HaiやTSMCは日本企業の技術を自社の他の製品に転用することも狙っているでしょう。日本企業の技術が外国企業に移転した結果、日本の企業は用済みになり、やがて見捨てられるリスクはもちろんあります。

 しかし、見方を変えると、こうした海外の巨大企業との連携は、日本の技術が世界標準になるチャンスでもあります。例えば、TSMCはルネサスのロジックLSI混載用のフラッシュ・メモリ技術を採用すると報道されています。

 このロジックLSI混載用のフラッシュ・メモリ技術は、自動車などで要求される極めて高い信頼性を実現するために、メモリというデバイスだけでなく、メモリを駆動する制御回路方式や、誤り訂正回路(ECC)といったシステムにまで様々な工夫をしています。

 TSMCはルネサスのフラッシュ・メモリ技術を、TSMCで製造される様々な製品にも転用するとも言われています。例えばスマートフォン向けのCPUなど、膨大な量が出荷させる製品にも使われるかもしれません。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング