• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「Android技術者認定試験制度」とは何か

坂井 直美=フリー・エディター/ライター
2012/05/28 00:00
1/2ページ

 「Android」は、米Google社を中心とした規格団体OHA(Open Handset Alliance)が開発した携帯情報端末向けプラットフォームです。OSのベースとなるLinuxカーネル、ランタイム(Dalvik仮想マシン)、ライブラリ、アプリケーション・フレームワークなどがパッケージとしてまとめられ、オープンソース・ソフトウエアとして公開されています。そのため、Androidを移植してさまざまな機器に搭載可能であり、携帯情報端末に限らず、家電など多様な分野での活用が期待されています。

 2008年10月、Android 1.0を搭載した台湾HTC社のスマートフォン「T-Mobile G1」がリリースされました。日本では2009年7月にNTTドコモからAndroid 1.5(のちにAndroid 1.6へのアップデートに対応)搭載の「HT-03A」が登場。下の表のように、Androidがバージョンアップを重ねるとともに、Android搭載スマートフォンは市場シェアを着実に伸ばしていき、2011年末には世界だけでなく日本でも市場の約5割を占めるようになりました。

表:Androidのバージョンアップの履歴
[画像のクリックで拡大表示]

ACEはOESF公認

 このようにAndroidへのニーズが急増する一方で、歴史が浅く、変化の激しい技術であることからAndroid技術者不足が懸念されるようになりました。この問題を解決するため、一般社団法人Open Embedded Software Foundation(OESF)はAndroid技術者育成を支援することを目的に、Android技術者のスキルを認定する公的な試験を実施することになりました。これが「Android技術者試験制度」(通称:ACE)です。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング