技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
佐々木次郎
2012/05/01 16:00
印刷用ページ

 「ねえねえ次郎さん、この間、銀座のデパートに行ったら、日本人より外国人、それも中国の観光客でごった返しているの。さすが、中国は成長著しいのよね。ビックリしたわよ」。
 
 聞いた欧陽春くんも、「そうなんですよ。実は彼らが日本のデパートに来る目的は、有名ブランド品を買いに来ているのです。それも、普通に買うと言うより、まとめ買いですよ。とにかく、親戚や友人に頼まれたりして、それはそれは、たくさん買うのです。お金もあるし、しかも、中国で発行しているクレジットカードが日本で使えるようになって、便利になったのでなおさらです」。

 「ふ~ん、そうなんだ。でも何で、わざわざ日本に来て買うのよ。中国でも立派なデパートがあるし、あっちでも有名ブランド品なんて売っているでしょうに。観光のついでに買うとしても、あれだけまとめて買うなんて、余程、お金が余っているのかしら」。

 「ふう、実はそこなんです。本当のことを言いますと、彼らが日本で有名ブランド品を買いまくるのは、日本で売っている物は本物だからなんです。ちょっと恥ずかしいですが、中国では、例え有名デパートでも、偽物を堂々と売っているのです。ですから、どんなに立派なお店でも、実のところ、中国の国内では、そのあたりの信頼性と言いますか、信用が出来ないので、わざわざ日本に来て買うのです。日本のお店で、しかも有名デパートなら、絶対に偽物は売っていない。彼らは、日本のお店の信頼性を信じているのです」。

 いやいや、嬉しいような淋しいような、なにか複雑な感じもしますワナ。自国のお店で売っている商品が、全部ではないのでしょうが、かなりの偽物が出回っていると、中国のシトが中国のお店を信じていない。これは問題ですヨ。

 部長も、「おいおい、あれだけ日本を非難しながら、買い物だけは信用しているなんて、何か変じゃあないか。本当は、中国の国民は日本を好いているのかもしれねえナァ」。

 「部長、全部が全部そうだとは言えませんが、中国人は凄く合理的で、政治と生活・経済はハッキリと分けて考えているのです。ですから、日本人は不正をしない、その点は信用しているのです」と欧陽春くんの説明です。

 確かに、あれだけ、先の大戦の歴史観について、アタシ達に過剰ともいえる厳しい意見を浴びせる一方で、これだけの信頼感を寄せる根拠は、一体、どこにあるのか、それを心配するくらい、銀座のデパートは中国の方々でごった返しているのですヨ。

 聞けば、彼の地でのアンケートによると、国としての日本は嫌いだけれど、日本人は信頼していると考えているシトが多いのだそうな。TVの報道などで見ている中国での彼らと、日本での彼らは、全く別人ではないかと思うくらい、日本で買い物をしている彼らは穏やかで、ものごしは紳士的なのですヨ。

 こうして見ると、彼らが何故、日本で買い物をするのか、それは、日本だから安心、その一言ではないでしょうかねェ。同じ物は、自国でも売っている、しかし、自国では本当にそれが本物か、それが分からない。だけど、日本なら売っている物は本物で、決して日本人と日本のお店は嘘を付かず、インチキをしない、そう思っているに違いありませんヨ。

 「そうだよナァ、でも、それは中国のシトばかりじゃないかもしれねえよ。大震災後の日本人の礼儀正しさや、絆の深さを知った世界中のシトが、日本という国は、実は、本当に信頼できる国であるということを、再認識したんじゃないだろうか。そうだとしたら、俺達は、このことを積極的に様々な場面で、有効に利用しなくちゃあいけねえぜェ」。

 部長の言う通りですヨ。これは、ある意味でチャンスかもしれません。これまで、日本の競争力と言えば、品質、コスト、スピードだったのが、そのいずれもが、中国をはじめとした成長著しい国に負けそうになっている今、これからは、信頼性の一点だけを言うようにしたらどうでしょうかねェ。

 「おうよ、次郎さん、それがイイ! いくら頑張っても、これだけの円高、いやいや、そのセイばかりにするんじゃないが、もう、コスト競争には勝てないよ。もっと言えば、モノだけの競争では、残念だがこの国はもう勝てないと思うのサ。だから他の、モノではない、他の新しい競争力を身に付けなければ、本当に、日本は沈没しちまうぜェ。これからは、品質は同等だが、日本製は信頼できますよ。コストは高いかもしれないが、日本製は安心して使うことができますよ。納期が遅いと言われたら、急がば回れ、急いでは信頼性を担保できません。そう言おうじゃねえか!」。
 
 ははは、部長が元気になって来ましたヨ。そうなんです、今までアタシ達は、品質やコスト、そして律儀に納期を守ることに一生懸命でしたが、そのいずれもが中国や韓国、そして台湾などの国々に追いつかれ、そして追い越されてしまった感がありますヤネ。競争に勝つために、特にコスト競争力を高めようともがいているのですが、残念ながら、その出口が見えないのが現状ですワナ。
 
 しかし、こうして考えるとこの国の信頼性、今度の大震災でも大きな成果がありました。例えば、東北新幹線ですヨ。震度8とも9とも言われる大地震だったのに、一人の死者も出さずに発災直後に急停止したんですから、凄い事じゃありませんか。先の、新潟地震の教訓を生かして、地震計を多数配置し、橋脚を補強し、大地震に備えていたのですから、本当に大したものです。

 また、ある大手テーマパークでは、園内に居たお客様を、速やかに安全な場所に誘導して、毛布と飲食物を全員に配ったそうな。多分、いつも非難訓練を繰り返していたのですヨ。そうでなければ、ぶっつけ本番では出来ないことですワナ。

 振り返ってみると、アタシ達の周りでは、多くの信頼性の実証がされていたのですゾ。 

 さあさあ、丁度、いい時間になりました。いつもの赤提灯に繰り出しましょう…。

 「それにしても、今日はイイことを聞いたぜェ。言われて初めて気が付いたが、確かに、日本のデパートで偽物は絶対に売ってはいないよナァ。もしもそんな事をしたら、その店はあっという間に不買運動が起こって、それでお終い。倒産しちまうぜェ」。

 「そうよ、部長の言うように、アタシ達女性も嘘つきは大嫌い。特に、食品に向ける目は、本当に厳しいわよ。産地偽装や賞味期限をゴマ化した途端、どれだけの企業が潰れたか。この国の国民は、何が一番大事かって言えば、信頼性、そこなのよ。だけど、アタシ達が肝心のそのことについて慣れてしまって、それが競争力になっていることに、気が付かないでいたなんて、変な話じゃない。よかったわよ、気が付いて」。

 「ホント、今日はいい勉強になりました。さあ、これからは信頼性という競争力で勝負をしましょう。コストが高いと言われたら、信頼性の為のコストであると説明しましょう。品質が同等もしくは劣ると言われたら、信頼性を優先させた結果だと言いましょう。納期が遅いと言われたら、急がば回れ、少しくらい遅れても死ぬわけじゃありません、そう言いましょう!」。

 なんか、アスパラが分かったような分からないようなことを言っています。聞いたお局が、「だからァ、それは本当に信頼できる人が言えば信頼されるけど、一番、信頼されていないアンタが言ってどうするのよォ!」って、厳しいですヨ。

 「せ、先輩、それはないですよ。ねえ、欧陽春くん」、助けを求めますが、欧陽春くんは、「ははは、それはそれとして、日本の信頼性に対して、乾杯しましょう!」って、上手く逃げますヨ。
 
 続けて、「本当に、信頼性ということに、日本人自らが気付かなければいけないと思うのです。今度のことは、信頼性を一番必要にしている中国人が、図らずも教えてくれたと考える方がいいのではないでしょうか。中国人の私が言うのも変ですが、今、信頼性をもっとも必要にしているのは中国をはじめとした、世界中の現代社会ではないかと思うのです。なのに、その信頼性を築き上げた日本人自身が、あまり、そのことに気付いていない。これは、もったいないと思うのです。私がこれまで日本で学んで来た一番のこと、それは、信頼性なのかもしれません。こうして、皆さんに受け入れてもらえ、しかも、私のことを信用してくれるという人間に対する信頼性。そして、しっかりとしたものづくりの後ろにあるソフトやオペレーションの信頼性。この国に来るまで、それを感じることはありませんでしたが、今こそ、日本は、この信頼性を大いにPRすべきではないでしょうか。世界中の人が分かってくれているのですから、信頼性は、日本の産業になるのです。さあ、あらためて乾杯しましょう。この国の信頼産業に、乾杯!」。

 そうか、信頼産業か、いやあ、欧陽春くん、有難う。そう言う君の信頼性に感謝。謝謝ですヨ。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング