• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント技術経営戦略考 > 中国人経営者がトヨタより訪問したい日本の企業とは《訂正あり》

技術経営戦略考

中国人経営者がトヨタより訪問したい日本の企業とは《訂正あり》

  • 山田太郎=ユアロップ 代表取締役社長
  • 2012/04/20 11:14
  • 1/2ページ

 「本当に日本の製造業は、これまで本当に儲かっていたのでしょうか」

 「中国で製造業の火は消えてしまうのでしょうか」

 講義の参加者から質問が相次ぐ。

 先週末、中華商業連合会という中国全土の経営者の日本訪問団に対して講義を行ったときのことである。

 講義では、聴講者から「中国のモノづくり企業全体も存続が非常に厳しくなってきた」との声が多く聞かれた。中国現地では製造業の利益率が4~5%程度しか確保できなくなっており、中国の他の産業に比べても非常に厳しいということだ。このままでは、中国からモノづくりがなくなってしまうかもしれない。そんな不安な気持ちを中国メーカーの経営者達は、私にぶつけてきたのだ。

 日本のモノづくり企業は、1990年代以降、中国を意識しながら闘ってきた。バブル経済崩壊以降、中国をはじめとするアジアの各地に日本企業は進出していった。そこで、かつて自らが技術移転を進めてきた現地企業と全面的な競争をするという、皮肉な立場に置かれることになったのである。

 ただ、日本を苦しめてきた中国のモノづくり企業も、いま曲がり角に立たされている。まず大きな問題としてあるのが労働者の賃金上昇によるコスト増。中国沿岸部での賃金上昇は、年率20%以上という。それでも雇用が確保できない。春節(中国の旧正月=毎年2月上旬)には労働者が地方都市へとUターンしてしまい沿岸都市部の工場には毎年戻ってこない。今、製造の現場は深刻な労働者不足に陥っているのだ。

 こうしたこともあり、人に頼るのではなく、機械を積極的に導入する動きが顕著になっている。そこで、かつて日本の工程現場を監督していた日本技術者が中国の現場では引っ張りだこになっている。2012年問題(団塊の世代の65歳でも大量定年退職)を抱える日本にとっては朗報といえるかもしれないが。

 雇用問題で苦しんでいるのは中国だけではない。ベトナムでも労働者確保が難しくなりつつあり、安い製品を作り続けるならインドネシアやミャンマーなどへ展開しなければならなくなっている。つまり、アジア全域でモノづくりを巡る大構造転換が起こっているのだ。

日本の100年企業に学びたい

【技術者塾】(8/24開催)
車載用樹脂製品のための樹脂材料の勘所


自動車部品に多く使われる樹脂材料を採り上げ、その基礎知識だけでなく、演習を通じて実務に役立つ実践力の習得を狙います。事例には、多くの自動車部品を採り上げて理解を深めます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 8月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓