• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメントデバイス技術を俯瞰する・Yoleレポート > 「Memjet」がインクジェットの破壊的技術に

デバイス技術を俯瞰する・Yoleレポート

「Memjet」がインクジェットの破壊的技術に

  • Jean-Christophe Eloy=Yole Developpement
  • 2012/04/20 09:00
  • 1/3ページ
世界各地にMemjet技術を展開(資料:Yole Developpement社)
世界各地にMemjet技術を展開(資料:Yole Developpement社)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Memjet社の新型MEMSプリントヘッド技術と、ほかのどの企業とも異なる経営戦略は、インクジェットのサプライ・チェーンに大きな影響を与えるかもしれない。

 仏Yole Developpement社は、Memjet社のインクジェット・プリントヘッドの斬新な設計とユニークな経営戦略に注目し「Memjet Company Profile」というレポートをまとめた。このレポートでは、Memjet社とMemjet技術がインクジェットのサプライ・チェーン全体に与える可能性のある影響について詳細に分析している。

 Memjet社は2007年にオーストラリアSilverbrook Research社から独立し、本社をカリフォルニア州サンディエゴ市に構えている。また、アイルランド、台湾、シンガポール、アイダホ州ボイシ市にもオフィスを持つ。Silverbrook Research社はMemjet社の中核技術を開発した企業だ。その技術とは、印刷用紙と同じ幅を持つMEMSプリントヘッド・モジュールで、ページ全体を一回で印刷できるもの。Memjet社は株式非公開の企業である。

 Memjet社は、Memjet技術が実用化された際にサプライ・チェーンに与えるであろう影響の大きさから、これまでビッグフットにたとえられてきた。このほどMemjet技術を搭載した初のOEM製品が発売された。

 成熟したと考えられてきたプリントヘッド市場で、 Memjet技術は「真に破壊的」な技術として歓迎されている。なぜなら、現在の技術よりもずっと高速でコストが低く、顧客に高価値の提案をできるからだ。

 今までと異なるのは技術だけではない。Memjet社はプリンタの製造をしてない。同社の戦略は、プリントヘッドとインク、そしてその他の部品をパートナ企業に売ることだ。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓