• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりエディターズ・ノート > 部下の生産性を上げるパラメータ

エディターズ・ノート

部下の生産性を上げるパラメータ

  • 池松 由香=日経ものづくり
  • 2012/04/12 12:13
  • 1/3ページ

 早いもので、この会社に勤めるようになって、ちょうど10年が経過しました。前職も記者の仕事に就いていたので、職歴としては十ウン年になります(年齢がバレますのでここは秘密ということで)。これまで取り上げてきたテーマは、その時に所属していた媒体の読者対象によって異なります。しかし、そんな中でも一貫して興味を持ち、取材し続けてきたテーマが「働くということ」であったように思います。ところで皆さん、唐突ですが質問です。人の生産性に最も影響を与えるパラメータって、何だと思いますか? 今のところ、私が出している結論はというと…。

 それは「人の心の状態」です。あまりにも漠然としていて、ピンと来ないかもしれません。あるいは、「当たり前すぎて何の新規性もない」と思う方もいらっしゃることでしょう。どちらにしても、意外と軽視されやすいパラメータなのではないかと思います。私がこう考えるようになったのは、同一の生産現場のカイゼン活動を少なくとも3~6カ月間にわたって取材するようになった頃のことでした。何度も同じ現場に通い、活動の進捗状況を取材するうちに、カイゼン活動で高い成果を上げる会社には、ある共通点があることに気づいたのです。

 縦軸がカイゼン活動の成果、横軸が時間軸の座標で、カイゼン活動の進捗具合を表したとします。すると、成功している会社はどこも、ある時期を境に急に座標上の線の上昇カーブが大きくなる(進捗が早くなる)傾向が見られました。この時、生産ラインの状況が変化したとか、活動のやり方を変えたなどという事実は見受けられませんでした。では、なぜ変化が現れるのか。現場スタッフのインタビューなどを通して見えてきたのは、働く人の心の変化でした。「カイゼンなんてやって何の意味があるの?」という疑念から、「カイゼンをどんどんやりたい」というヤル気に変わっていたのです。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓