設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

部下の生産性を上げるパラメータ

池松 由香=日経ものづくり
2012/04/12 12:13
印刷用ページ

 早いもので、この会社に勤めるようになって、ちょうど10年が経過しました。前職も記者の仕事に就いていたので、職歴としては十ウン年になります(年齢がバレますのでここは秘密ということで)。これまで取り上げてきたテーマは、その時に所属していた媒体の読者対象によって異なります。しかし、そんな中でも一貫して興味を持ち、取材し続けてきたテーマが「働くということ」であったように思います。ところで皆さん、唐突ですが質問です。人の生産性に最も影響を与えるパラメータって、何だと思いますか? 今のところ、私が出している結論はというと…。

 それは「人の心の状態」です。あまりにも漠然としていて、ピンと来ないかもしれません。あるいは、「当たり前すぎて何の新規性もない」と思う方もいらっしゃることでしょう。どちらにしても、意外と軽視されやすいパラメータなのではないかと思います。私がこう考えるようになったのは、同一の生産現場のカイゼン活動を少なくとも3~6カ月間にわたって取材するようになった頃のことでした。何度も同じ現場に通い、活動の進捗状況を取材するうちに、カイゼン活動で高い成果を上げる会社には、ある共通点があることに気づいたのです。

 縦軸がカイゼン活動の成果、横軸が時間軸の座標で、カイゼン活動の進捗具合を表したとします。すると、成功している会社はどこも、ある時期を境に急に座標上の線の上昇カーブが大きくなる(進捗が早くなる)傾向が見られました。この時、生産ラインの状況が変化したとか、活動のやり方を変えたなどという事実は見受けられませんでした。では、なぜ変化が現れるのか。現場スタッフのインタビューなどを通して見えてきたのは、働く人の心の変化でした。「カイゼンなんてやって何の意味があるの?」という疑念から、「カイゼンをどんどんやりたい」というヤル気に変わっていたのです。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング