家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ついに動き出した屋内測位

河合 基伸=日経エレクトロニクス
2012/02/24 10:00
印刷用ページ

 デパートや駅構内で、スマートフォンなどの地図上に自分の位置を表示できるサービスを、米Google社が2011年11月30日に始めました(関連記事)。「地図上に位置を表示できるサービスは、これまでもあったじゃないか」。確かに屋外ではそうでした。それが今回は、屋内にも広がったのです。

 ユーザーから見れば、あまり大きな違いを感じられない屋外と屋内での位置の測定(測位)。ところが、サービス提供者にとっては、大きな違いがあります。屋内は人が多く集まるからです。人々の位置に基づき、“ネット”から情報提供して“リアル”の店舗に集客する「O2O(オンライン・ツー・オフライン)」と呼ぶ手法の切り札になると期待を集めています。

 屋内における位置情報の応用先は、商業用途にとどまりません。将来は、屋内での子供や老人の見守り、オフィス内の人の位置に応じた空調管理、災害時のビル内での避難誘導など、安心・安全、省エネ、災害対策といった幅広い分野で活躍しそうです。

 屋内向け測位技術の開発も活発化しています。屋外のGPSに代わり、屋内では無線LANなどを使った新たな測位技術が必要になるからです。屋内測位技術を開発する日本の技術者は、これまでに数々の実証実験を繰り返して課題を抽出してきました。「屋内地図はどのように整備したらいいか」「測位精度はどの程度必要か」といった課題に対して、解決策を探るのです。

しかし、実証実験を繰り返している間に、Google社が屋内での位置情報提供サービスを始めてしまいました。ヤフーも、実用化を視野に試験サービスを始めています。ベンチャー企業のスポットライトが提供する「スマポ」という屋内測位サービスも、都内を中心に採用が広がっている状況です。

 屋内測位技術が実サービスで使われ始めたことで、実証実験に費やす時間は、あまり残されていないでしょう。あるサービス提供者は、「2012年はさまざまな技術を試す期間。2013年以降に技術の候補が見えてくる」としています。測位精度の他に、導入コストなどの実用化の容易さが、Google社などの既存のサービスを上回る、あっとおどろく屋内測位技術の登場が待たれています。

日経エレクトロニクスでは、2012年2月20日号に屋内測位技術に関する解説記事「活用始まる屋内測位、高精度化で広がる用途」を掲載していますので、ぜひ一度ご覧になってください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング