家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

女性が作るとカメラはこうなる

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/02/15 10:27
印刷用ページ
写真1 パナソニック・ブースでメイク体験
写真1 パナソニック・ブースでメイク体験
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「カネボウ化粧品さんとコラボレーションした製品なんですよ!」――。

 パナソニックの説明員の女性がうれしそうに教えてくれました。先週の2月9~12日にパシフィコ横浜で開催されたカメラ関連の展示会「CP+2012」を取材していた中での出来事でした。

 CP+を主催したカメラ映像機器工業会(CIPA)によれば、来場者数は前回比31.9%増の6万5120人と大盛況。中でも注目はミラーレス・カメラで、富士フイルム初のミラーレス・カメラ「FUJIFILM X-Pro1」や、クラシックな外観のオリンパス「OM-D E-M5」、ペンタックスリコーイメージングの「K-01」など、初披露となった製品を試してみようと長い行列ができていました。最長で120分待ちというブースもあり、関心の高さを肌で感じました(日経エレクトロニクス2012年2月20日号の特集「ミラーレスはパンドラの箱」でデジタル・カメラの開発動向をまとめました)。

展示会場でメイク?


 「ミラーレス・カメラ、盛り上がってるなぁ」と思いつつ向かったパナソニックのブースにも、最新機種「LUMIX DMC-GX1」を中心とするミラーレス・カメラの展示がありました。そんな中、ブースを巡って取材を進めていると、思わず足を止めてしまう一角がありました。ミラーレス・カメラではありません。

 カメラの展示会で、なぜか、来場者の女性がメイクをしてもらっていたのです(写真1)。この異彩を放っていた一角、実はパナソニックが開発したコンパクト型デジタル・カメラ「LUMIX DMC-FX80」を紹介するコーナーでした。

 DMC-FX80の最大の特徴は、撮影した写真にレタッチで化粧を施せるデジタル・メイク機能「ビューティレタッチ」を搭載している点。同機能は冒頭のコメント通り、カネボウ化粧品の人気コスメ・ブランドである「コフレドール」とコラボレーションしたものです。そして、会場に設けたビューティレタッチ機能の体感コーナーでは、単に同機能を体験できるだけでなく、カネボウ化粧品の担当者に「コフレドール」を使用した実際のメイクをしてくれるというものでした。カメラ・メーカーと化粧品会社が一緒にデジタル・カメラを開発したことにびっくりです。

 実は、今回の新製品はビューティレタッチ機能を搭載する機種としては2代目になります。初代は、2011年2月に発売した「LUMIX DMC-FX77」。このときはパナソニックが独自にメイク機能を開発していました。今回、カネボウ化粧品の協力により、リップやチーク、アイシャドウなどのメイクアップやファンデーションを、「本当にメイクしているように自然に仕上げられるようになった」(パナソニックの担当者)そうです。

 ベースメイクは5色、メイクアップレタッチではアイシャドウ5色/チーク5色/リップ8色が用意されている他、あごのラインをスッキリさせる「シェイプアップ」や口角を上げて笑顔にする「スマイル」、目を大きくする「デカ目」などの加工も可能で、思い通りのメイクに仕上げられます(写真2)。ただ、あまり加工しすぎると別人になってしまうほどですが…。

 細かなメイクだけでなく、メイクアップレタッチには、「SWEET」「COOL」「CELEBRITY」「HAPPY」を選択するだけで、そのニュアンスを施せる「ワンタッチメイク」も用意されています。ちなみにSWEETは、人気モデルの平子理沙さんをお手本にしたメイクだそうです。

女性が引っ張るエレクトロニクス


 知れば知るほど女性目線のこだわりが詰まっています。パナソニックの担当者によると、今回の新機種は、女性社員のチームが商品を企画・開発を主導する「フェミニンプロジェクト」で生まれた製品とのことでした。

 パナソニックがフェミニンプロジェクトを開始したのは2008年で、女性6人のメンバーを中心に市場調査から企画開発、広報宣伝まで手掛けているそうです。このプロジェクトからは、「愛情サイズ」でおなじみの小型ビデオ・カメラや、工事不要で設置できるワイヤレス・ドアモニター「ドアモニ」などヒット商品が連発しています。

 重要なのは女性目線。今回のデジタル・カメラに関しては、ビューティレタッチ機能以外にも外観の色や質感などに女性ならではのこだわりがあるといいます。「きっとおじさんには理解できない、気付かないポイントが、“女心”をつかむんですよ」と担当者の方は自信をのぞかせます。同社でデジタル・カメラの商品企画担当総括を務める房忍氏も「下手に口を出すと怒られる」と苦笑いするほど、女性が引っ張るエレクトロニクスは“確固たる地位”を築いているようです。

写真2 ビューティレタッチ機能を使うと…
写真2 ビューティレタッチ機能を使うと…
[クリックすると拡大した画像が開きます]
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング