技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

諦めのスイッチ

佐々木次郎
2012/02/13 13:00
印刷用ページ

 「先輩、ちょっと相談したいことがあるのですが…」。
 おっと、朝からお局に、アスパラが深刻な顔して相談事ですヨ。

 「ダメダメ、お金は貸さない。それがアタシの主義。絶対にお金は貸さないから!」。
 「せ、先輩、誰がお金を貸してくれなんて言ってるんですか。そんなんじゃないです。真面目に聞いてくださいよ、ほら、ボクと同期の池原君のことなんです」。

 「あっ、お金の事じゃないんだ。ふうっ、それなら聞いてあげる。アタシ、本当にお金を貸すのがイヤなの。おじいちゃんの遺言で、お金を貸すくらいなら、あげて縁を切れ、そう教えられているから、アンタと縁を切るのは少し早いと思ったのよ。ホントに」。

 「もう、先輩、それならボクと縁を切りたくなったときは、お金をくれるってことですね。なんか変だなあ。あっ、そうそう、そんな事より、池原君のことですよ。もう、話を忘れちゃうじゃないですかぁ。実は、昨日の夜、久し振りに同期で呑もうって事になり、例の赤提灯で5人で呑んだのです。で、気になったのは、他の仲間は元気一杯でよかったんですが、池原君が少し落ち込んだ様子なので、何かあったのかと訊いたら、会社を辞めたいって言うんです。何で辞めたいのかって訊くと、それが、特別の理由もなく、要するに、やる気が無くなっているんじゃないかと思うのです。仕事は普通にこなしているし、何かミスをした事もありませんし、特に困った様子もないのに、とにかく辞めたい。そんな感じなんです。先輩、これってどうしたらいいんでしょうか」。

 「よし、それじゃあ真面目に考えてやることにするわね。で、池原君は何か目標があるの? 例えば、何かの資格を取るとか、将来、社長になりたいとか、仕事ばかりじゃなくても、趣味の事でも、要するに池原君、何か、やり甲斐みたいなことを考えているのかしら。なんでこんなことを聞くのかと言うと、どうも、諦めスイッチが入りそうだからよ。人間は、何かの目標が出来たとき、そこでやる気スイッチが入るんだけど、何も無くなってしまうと、知らず知らずに、音も無く諦めのスイッチが入ってしまうのよ。これって、凄く問題なんだけど、静かに静かに、本人も気付かずにスイッチが入るのよ。一度ONになると、今度はOFFにするのが凄く大変。いや、不可能なくらいに大きなパワーが必要になるの。多分、池原君、諦めスイッチが入る直前の状態じゃないかしら。何をやるのも気合が入らないし、集中できない。ただ、目の前の仕事を黙々とこなすだけ。そんな状態じゃないかしら。それって、本人も周囲の人も気が付かないけど、そのまま進むと、諦めスイッチが入ってしまうわよ。困るのは、スイッチが入った事が分からないし、何も起こらないけれど、段々、やる気が失せて行き、そのうち、何をやるにも、可もなく不可もなしでいいと思うようになり、顔も無表情になり、何を見ても感動や感心する事も無くなって行く。つまり、人生なんてどうだっていいと思うようになるのよ。今の池原君、そんな感じがしない?」。

 「いやあ先輩、そう、そうなんですよ。池原君、まさにその通り。呑むには飲むのですが、何か冷めた感じがしていて、冗談も言わないし、仕事の話になると、どうでもいいような、そんな顔して呑んでるんです。以前は、楽しいヤツだったのに、何があったのだろうかって、みんな心配しちゃいましたよ。そうか、諦めスイッチかあ。確かに、将来の希望とか夢とか、そんな話、暫く前から言わなくなってしまったようです。確かに、先輩に言われて思うのですが、逆に、燃え尽き症候群ってあるじゃないですか。よく、スポーツ選手が一番になって、もう目標が無くなってしまい、無気力になるってやつですが、池原君は一番になった訳ではないし…」。

 「きっと、これは当たりネ、諦めスイッチ。どうしてアタシがそう思うかって言うと、実はアタシ、以前、その諦めスイッチが入りそうになったのよ。自分で気付いたからよかったけれど、多くの人は気付かない。さっきも言ったように、カチッともカチャッとも鳴らずに静かに入るスイッチだから、自分では分からないのよ。アタシの場合、帰国して、色んな事があって、初めのうちは、何があっても絶対に負けない、そんな自負や気合が入っていたけど、それが何とか成って、ある程度、心に余裕が出て来て暫く経ってのことだった。それまで張り詰めていた気持ちが、ふっと抜けたようになって、このままの状態が続けばいいわって、一種の安心感かしら、そんな風に思うようになり、そのうち、可もなく不可もなく過ごすんだなあと思うようになり、そして、ま、いいか、こんな人生でと思ってしまいそうになったのよ。そんな時、友達が『どうしたのよ、そんな能面のような顔して』って言ってくれて、ハッと気付いたのよ。自分の心も身体も、独楽(こま)のようにしばらく回っていればいいって、要するに慣性運動で動けばいいと、そう思ってしまったのよ。慣性って、言い換えれば惰性でしょ。何もしないでも回るから、結局、何もしないのよ。外からエネルギーを入れないでも暫くの間は回る、そう思うと、そこで諦めのスイッチが音もなく入るのよ、すうっとね。そして、何より厄介なのは、一度、諦めスイッチが入ってしまうと、それを解除するのが大変だと思うの。余程のことが無い限り、それこそ、天地がひっくり返るほど何か起こらないと、元には戻らない。アタシは入る前に気付いたからよかったけど、ようく周りを見ると、スイッチが入って、もう元には戻らない人、案外、多いわよ」。

 「先輩にもそんな事があったのですか。本当に、一度入ったら戻らないなんて、怖いですね。先輩にもあるくらいだから、池原君にもボクにも、みんなにあるのでしょうね、諦めスイッチって」。

 「本当に怖いことよねェ。でも、アタシが知る限り、この世に二人、諦めスイッチの無い人がいるわよ。アスパラも知ってる人、そうそう、次郎さんと部長よ。あの二人、諦めってことを知らない、いや、あの人達の辞書には諦めなんて言葉、絶対ないと思うわよ、ははは」。

 そんなこんなで、「たまにはおごります」って、局のお誘い。いつもの赤提灯ですヨ。勿論、部長も一緒です。

 「なあんだ、くしゃみが出てしようがないと思っていたら、そんな事かあ。次郎さん、ひでえ話じゃないか、俺達にはスイッチが無いんだとよ。冗談じゃあねえよ、俺達はただのガムシャラ爺(じじい)、そう言ってるのと同じじゃねェか、なあ次郎さん」。

 ははは、言われてまんざらでもないくせに、強がりと言いましょうか、こんな屁理屈を言うのは、如何にも部長ですヨ。でも実は、アタシも同感でして、今まで諦めようなんて考えた事、一度もありませんヤネ。何が何でも、雨が降ろうとヤリが降ろうと、とにかくガンバガンバの一直線。諦めスイッチなんてある訳ないし、例えあっても、そのスイッチが入るなんざァ、一度もありませんでしたヨ。

 「それは、いつも前に進み、上を向いていたからじゃないかしら。次郎さんと部長を見ていると、立ち止まった事が無いと思うくらい、次から次に、いつも新しい事を考えているじゃない。こんな事を言うと、何か照れくさいけど、ガムシャラ爺、すてきよ」。

 「おっと、いつものお局、どこへ行ったィ。へへへ、嬉しくねェと言えば嘘になるが、ホントの話、俺達はいつもデコボコ道しか歩いていない、そう言うことサ。何が何でも、そのデコボコを乗り越えなくちゃいけねえんだから、そりゃあ、ガムシャラよ。感性や惰性でデコボコを乗り越えられるなんて有り得ねェ、ホントだよナァ、次郎さん」。

 そうそう、部長もいいこと言いますヨ。アタシ達、本当にそうなんです。開発てェのは失敗の繰り返し、上手く行ったかと思えば、地獄の底にまっしぐら、そんな事の繰り返しでしたワナ。だから、一度だって落ち着く事なんてありゃしません。いつもいつも、ああしたらどうだろう、こうしたらどうなるか、そんなことしか考えませんでしたヨ。

 「ところでアスパラ、こうしたらどうだろう。その池原君、今度一緒に呑もうって誘ってみようぜェ。俺達の話で元気になればいいし、そうでなくても、ガムシャラ爺がいるってことを知ってもらえばいいってことよ。ナァ次郎さん」。

 「ああ、いいともよ。部長がそう言うんならアタシは賛成だ。だがな部長、俺達の常識は、社会の常識じゃない場合が多いってこと、忘れちゃあいけねえぜェ。池原君の諦めスイッチが、"恐怖のスイッチ"になっちまったら、シャレにならねえヨ。ナァお局」。

 「ふふふ次郎さん、そんなこと心配ご無用。二人を見れば、誰だって元気が出ること間違いなし。しかも、おごってくれるんだから、ねェアスパラ」。

 「そうですよ先輩。諦めスイッチなんてショートしちゃいますよ。そして、ロケット点火スイッチに切り替わること、間違いありませんよ。なんてったって、アルコール燃料、全開ですから!」。
 「あら、アスパラ上手いこと言うじゃない。アンタも分かって来たようね。アルコール燃料、効きそうね。ガムシャラ序でに、アタシも呑むわよォ!」。

 「しようがねェ、ナァ次郎さん、そんときは俺達で割り勘だぜェ」。
 何を言ってんですか、ねェ皆さん。いつも、アタシのオゴリじゃありませんか。でも部長、よほど気分がいいのでしょう。今夜のお酒、美味しそうですゾ。

 では、そろそろお開きに致しましょうかね、どうも、アタシの睡眠スイッチが入りそうですヨ。ふぁぁ~、おやすみなさい…。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング