技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

忘れるのが人間

佐々木次郎
2012/01/23 17:00
印刷用ページ

 「次郎さん、ちょっと相談したいことがあるんだ、付き合ってくれねえか」。
 朝から部長、真剣な顔してますヨ。
 「おいおい、嫌な感じがするじゃねェか、そんな顔して、一体、どうしたんだィ」。

 小会議室で二人っきり、「大丈夫、嫌な話じゃないんだよ、実は、例の佐野君のことなんだが、そろそろ、プロジェクトの責任者にしようと思って、本人に話し掛けてみたんだが、ほら、以前の失敗経験があったろう、そのトラウマから立ち直ることができていないのサ。だから、『自分はできない』って、固辞するんだ。俺が見ると、もう大丈夫、そう思っているんだが、ナァ、次郎さんよォ、どうしたらいいんだろう。優秀だし、あの失敗は過去のこと、もう終わった話だし、いつまでもそんな事を背負っていてもしょうがないことなのに、どう話したらいいだろうか」。

 う~ん、この話、結構、深くて重いですヨ。実は、この佐野君てェのは、それまでは自他共に認める、開発部のエース、そんな感じだったのですヨ。それが、ある開発プロジェクトの先頭に立って頑張っていたとき、その開発、途中で打ち切りになってしまったのですヨ。理由は、技術的にどうしても乗り切れないことが分かり、まあ、断腸の想いで中止打ち切り、そんな経験を彼はしているのですナ。

 アタシも、若い時にそれに近い経験がありますから、彼の辛さも分かるし、まして、リーダーとしての責任感もあり、佐野君はその責任を一身に受けてしまったのですヤネ。

 アタシや部長のように図々しければ、そんな気持ちにはならないのでしょうが、性格と言いましょうか、何とも仕方がありませんワナ。

 「おいおい次郎さん、『アタシ達みたいに図々しく』なんて、俺も一緒にしないでくれよォ。俺は次郎さんと違ってデリケートなんだからヨ」。

 ははは、部長がデリケートなんて、どこが? と言いたいところですが、まあ、この場は放っておいて、本当にこの話、どうしたらいいんでしょうかねェ。

 そこに、お局がお茶を入れてくれましヨ。こんなところがお局のいいところ、きっと心配してくれたんでしょうナ。

 「何よォ、二人で閉じこもっちゃって、おじさん二人でイヤラシイ話でもしてるんじゃないの? 困った時にはお局が頼りになるのよ、ねえ、どうしたの?」。

 いやあ、自分で頼りになると言うくらい、確かに頼りになりますが、それにしても、お局の“地獄耳的気配り”は凄いというしかありませんヤネ。

 「実は……」、部長が佐野君の話をします。じっと部長の話を聞いたお局、「佐野君には、アタシが話をするのが良さそうね。ねェ次郎さん、そうさせてくれない?」。

 お局、何か考えがあるようです。

 そんな訳で、いつもの赤提灯に。アタシと部長はオブザーバーってところですかネ。えっ、部長が言うにはスポンサーだって。そうか、どうせ勘定はこっちに来るんでしょう、まあ、それでいいでしょうヨ。

 「何のお話なんですか? 察しはつきますが、京極さんに誘われるのは嬉しいです。なにせ、ボク達あこがれのマドンナですからね」。
 「えっ、マドンナなんておべんちゃら、佐野君も大人になったわねェ」。
 いやいや、最初からお局の貫録勝ちですヨ。

 「佐野君、今夜は難しい話じゃなくて、久し振りに世間話でもしようって、そういうことよ。次郎さんや部長がおごってくれるというから、ゴチになりましょうよ」って、おいおい、そんなにハッキリ言う事ァないだろうに…。

 「実はね、アタシのおじいちゃんとおばあちゃん、老人ホームに入居したの…」。
 あれっ? お局、全然、本題とは関係の無いような話をし始めましたヨ。

 「そしたらね、面白いことが次々と起こったのよ。例えばね、そのホームでは毎日食堂で食事をするのだけれど、自然と仲良しグループみたいのができて、結構、話がはずむのよ。それを聞いたアタシ、年寄りばかりで何でそんなに話題があるのか、それが不思議だったんだけど、直ぐに分かったのよ。それはね、年寄り同士の話なんて、実はいつも同じ事を言うのだけれど、言う方も聞く方も、それを直ぐに忘れてしまい、いつも同じ話なんだけど、結局それは、いつも初めて聞くことなのよ。これって、素晴らしいと思わない? 人間は歳を取ると、段々と行動半径も小さくなり、友達も少なくなり、話題も無くなる、そう思っていたんだけど、なんと、人間は、歳を取ると聞いた話を直ぐに忘れるようにできているのよ。だから毎日々々、同じ話を繰り返し聞いても、いつも新しい気持ちになれる、そのように、神様がつくってくれたのよ。ねえ、佐野君、人間って素晴らしいじゃない。良いことも悪いことも、嬉しいことも悲しいことも、楽しいことも苦しいことも、人間は直ぐに忘れるようにできているの。そして次にまた同じように、良いことも、嬉しいことも、そして、楽しいことも、直ぐに新鮮に味わえるように、そういうことができるようになっているのよ。アタシ、これを聞いたとき、嬉しくなって、歳を取るのもイヤじゃなく、そうなるのもイイと思うようになったのよ。ねェ、佐野君、だから、そこまで歳を取らなくても、たまには、忘れることって大事じゃないかしら。そう思わない?」。

 そうか、お局の言いたいことはそうだったのですヨ。忘れてしまえ、ストレートに言うと角が立つ、そこのところを見事に丸く収めて話すなんざァ、見事ですゾ。

 じいっと聴いていた佐野君、「京極さん、有難うございます。多分、部長からのお話だと思うのですが、言われること、ようく解りました。いつまでもクヨクヨしたって始まらない、それは自分でも分かっていて、何とかしなくちゃと思いながら、でも、忘れられなかったのです。いや、かえって忘れてはいけないことだと思っていたのです。会社や同僚に大きな迷惑を掛けた、そう思うと簡単に忘れてはいけないと思っていたのです。でも、今のお話を聞いて、『次にまた同じように、良いことも、嬉しいことも、そして、楽しいことも、直ぐに新鮮に味わえるように』って、何か救われるような気がしました。忘れることが、次の新しいことに繋がるんだって、ご恩返しもできるんだと、そう思いました。有難うございます。僕、もう忘れることにします。部長、やらせてください、今度のプロジェクト、しっかりとやります!」。

 「佐野君、分かってくれて有難う! 佐野君のことだから、きっと分かってくれると思ったけど、良かったァ!」。お局、本当に嬉しそうですヨ。

 部長も、「いやあ、良かったよかった。佐野君、大丈夫、キミは大丈夫なんだから、もう大丈夫なんだから。とにかく頑張ろうや、もしも、今度もダメだったら、直ぐに忘れてしまえばそれでいいじゃないか」って、もう忘れる話をしていますヨ。

 「部長、何を言ってんのよォ、最初から忘れてしまおうなんて、早過ぎよ!」。
 「はは、そうだよナァ、違えねェ、忘れることが最初じゃ、シャレにならねえぜェ」。

 いやはや、それにしてもお局の話、本質でしたヨ。人間は、忘れることでいつも新鮮に味わえる、これは本当にそうですワナ。もしも、一度美味しいものを味わって、それをずうっと覚えていたら、いつも比較して、不味かったらガックリするでしょうし、或は、それ以上の味に出合わない限り、感動しなくなってしまいますワナ。

 そう言われると、確かに、動物の中で、忘れることができるのは人間だけかもしれません。猿だって犬だって鳥だって、例えば危険なことやイヤなこと、一度覚えると、きっとそれは本能の中に刷り込まれ、死ぬまで覚えているのかもしれません。虐待された捨て犬は、二度と人に懐くことはないようですが、それは、忘れることができないからではないでしょうかねェ。

 「さあ、佐野君も元気になったし、今夜はお祝いよォ! じゃあ、私の役目もこれでお終い。美味しいものを頂かなくちゃ! さあ、食べるわよォ!」って、お局の本性が現れましたヨ。でも今夜は何でもアリです、アタシも嬉しいですから、楽しくやりましょう!

 「遅くなりましたァ!」。あれれ、アスパラと欧陽春くんが来ましたヨ。どうやら、お局が呼んだようですが…。

 「遅いじゃない、今夜は次郎さんと部長のおごりだから、しっかりと頂きなさいね。ねェ、いいでしょ! 最近、二人を叱ってばかりいたので、今夜は御馳走したかったのよ。次郎さん、部長、宜しくお願いします!」って、お局、それはないだろう…。

 しかし、今夜は大目に見ましょうヤ。こんなに楽しいお酒、久し振りですからネ。

 …でも、こんなに楽しい事、人間は直ぐに忘れてしまうなんて、もったいないと思いませんか、ねェ皆さん。

 えっ、忘れるから、また新しい感動がある、それはそうですが、アタシ達が払う勘定のこと、それも忘れちまいますよ、このシト達は。とほほ…。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング