• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器エディターズ・ノート > テレビにチューナーは必須なのか

エディターズ・ノート

テレビにチューナーは必須なのか

  • 蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
  • 2012/01/16 10:00
  • 1/2ページ

 「もうさ、テレビはチューナー無しでいいんじゃない。Wi-Fiの送受信機能とビデオ・デコーダだけあれば、済むんじゃないか。無線LAN付きディスプレイで十分だよ」――。

 昨年末、取材先の方々との忘年会の席上、某半導体メーカーで役員を務めるAさんから、このような発言が飛び出しました。テレビにWebブラウザーを搭載し、インターネット接続機能を拡張する「スマートテレビ」が注目を集めておりますが、それならコンテンツも含めて、すべて通信網で送ってしまえばいいじゃないか――。そうした発想に基づくものです。

テレビ・ハードウエアの今後の付加価値とは?

 この発言、Aさんは以前から主張しておられ、私が聞いたのはこれで3回目くらいでしょうか。根底にあるのは、テレビをもっと安くして、究極的には無料で配れるような機器にしてしまおう、というものです。「テレビは単なる大画面表示装置にしてしまい、コンテンツのやりとりは有線通信網もしくはスマートフォン経由でやればいい」(Aさん)。こうなれば、テレビ(ディスプレイ)をもっと安くでき、「スマートフォンを契約すれば、もれなくテレビがついてくる、といったキャンペーンもできるのでは」(Aさん)…そういうメッセージでした。

 Aさんがこの趣旨のお話をされていたのは、二つの背景からです。一つは、「もうテレビというハードウエアに付加価値を期待するのは難しいのではないか」ということ。もう一つは「動画配信サービスが進化しており、端末側にビデオ・デコーダさえあれば処理できるようなサービスまで登場していること」です。

 前者に関しては、多くのテレビ・メーカーが事業で苦戦する現状を見て、それならいっそのことテレビというハードウエアの付加価値で勝負するのはあきらめて、ソフトウエアやサービスで収益を得るべき、という考え方です。「仮にスマートテレビの時代に入り、多数のメーカーがスマートテレビを作ったら、どこで差異化するのか。AndroidスマートフォンでSamsung社が強者になったように、スマートテレビはおそらく韓国メーカーが全力で作ってくる。そのとき日本メーカーは、果たしてどのような付加価値で勝負するのか。あるいは勝負できるのか。もし勝負できないのだったら、そこでの競争は諦めて、ソフトウエアやサービスなどで収益を得る方向性を模索するべき」――。こうした問題意識が込められているようです。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ