家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

テレビにチューナーは必須なのか

蓬田 宏樹=日経エレクトロニクス
2012/01/16 10:00
印刷用ページ

 「もうさ、テレビはチューナー無しでいいんじゃない。Wi-Fiの送受信機能とビデオ・デコーダだけあれば、済むんじゃないか。無線LAN付きディスプレイで十分だよ」――。

 昨年末、取材先の方々との忘年会の席上、某半導体メーカーで役員を務めるAさんから、このような発言が飛び出しました。テレビにWebブラウザーを搭載し、インターネット接続機能を拡張する「スマートテレビ」が注目を集めておりますが、それならコンテンツも含めて、すべて通信網で送ってしまえばいいじゃないか――。そうした発想に基づくものです。

テレビ・ハードウエアの今後の付加価値とは?

 この発言、Aさんは以前から主張しておられ、私が聞いたのはこれで3回目くらいでしょうか。根底にあるのは、テレビをもっと安くして、究極的には無料で配れるような機器にしてしまおう、というものです。「テレビは単なる大画面表示装置にしてしまい、コンテンツのやりとりは有線通信網もしくはスマートフォン経由でやればいい」(Aさん)。こうなれば、テレビ(ディスプレイ)をもっと安くでき、「スマートフォンを契約すれば、もれなくテレビがついてくる、といったキャンペーンもできるのでは」(Aさん)…そういうメッセージでした。

 Aさんがこの趣旨のお話をされていたのは、二つの背景からです。一つは、「もうテレビというハードウエアに付加価値を期待するのは難しいのではないか」ということ。もう一つは「動画配信サービスが進化しており、端末側にビデオ・デコーダさえあれば処理できるようなサービスまで登場していること」です。

 前者に関しては、多くのテレビ・メーカーが事業で苦戦する現状を見て、それならいっそのことテレビというハードウエアの付加価値で勝負するのはあきらめて、ソフトウエアやサービスで収益を得るべき、という考え方です。「仮にスマートテレビの時代に入り、多数のメーカーがスマートテレビを作ったら、どこで差異化するのか。AndroidスマートフォンでSamsung社が強者になったように、スマートテレビはおそらく韓国メーカーが全力で作ってくる。そのとき日本メーカーは、果たしてどのような付加価値で勝負するのか。あるいは勝負できるのか。もし勝負できないのだったら、そこでの競争は諦めて、ソフトウエアやサービスなどで収益を得る方向性を模索するべき」――。こうした問題意識が込められているようです。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング