技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
徐 航明=Tech-On!特約ライター
2011/12/27 10:30
印刷用ページ

 中国には、イノベーションを起こすための多くの条件が揃っている。そして実際にノベーションの創出が始まっている。しかし、順調にどんどんイノベーションが生まれて、中国が世界の発展を牽引できるとは思っていない。その理由は、中国ではイノベーションの創出を阻害する要因が、依然根強く存在しているからだ。

 イノベーションは、人材、資金、技術、ニーズがあれば、自然に起きることではない。イノベーションの創出を促進する「文化」や「環境」も重要である。中国は、まだそのような「文化」や「環境」が整っていないと認識している。

 中国では、イノベーションを妨げる要因が大きく三つある。それは権力社会、関係社会、実用主義である。それらは中国社会の「特質」とも言える。

権力社会

 中国社会の特質といえば、「権力社会」がその中の重要な一つである。中国語には、昔から「官本位」という言葉がある。官が持っている権力がすべての基準であり、権力さえあれば何でもできるということだ。これは複雑なトピックなので、ここでは主に大学関連の話題にだけ触れてみたい。

 自分自身としては、海外に出てはじめて分かったが、中国の大学は中国の「権力社会」に染みついていることを深くは感じていないだろう。

 私は大学の時に日本に留学した。ある新しい学年になる前の話だ。研究室の指導先生が、「来年専攻の主任になる。任期は1年」と淡々と仰っていた。どうして1年だけなのか、好奇心で先生の助手に聞いたところ、ちょっと吃驚した。この専攻の主任というポジションは、先生の間で順番で毎年代わって担当しているようなのだ。

 どうして吃驚したかというと、中国において専攻の主任といえば、利権と繋がるからだ。専攻内部の人事任命、昇格、研究費用の配分、海外研修などの決定権を持つので、先生達の多くはその職を狙っていると言えるほど、付加価値が高いポジションだ。専攻の主任だけではなく、大学の人事や総務などの行政部門の職も人気を集める。研究内容がぱっとしなくても、行政職があれば、待遇は著名な教授よりも負けないほどだ。中国の大学のホームページでは、行政部門や幹部の紹介が目立つように掲載されている。「官」が技術者や研究者より優位なのである。

 しかし日本では、教授会で教員人事、教育課程関連などの重要事項を審議して決めるので、専攻の主任に着任することにそれほどのメリットがない。かえって、時間を使わなくてはならない事務的なことが多い。そのため、やりたい人が少ないのは当然のことなのである。

リーダーの存在感の違い
日欧米:それほど偉い存在ではない
中国:かなり偉い存在となる

 社会人になった後も、似たようなことを感じていた。日本の省庁の副大臣は一人か二人の場合が多く、数百人規模の会社でも副社長の席がないケースは多い。それと比べて、中国の政府機関や国有企業では、副大臣、副市長、副社長、副所長のようなポジションが多数存在する。中央から地方まで、巨大な権力ネットワークが構築されている。

 中国では「改革・開放」という国策が始まってから、経済は急速に発展してきたが、中国社会の基本構造は大きく変わっていない。権力は市場経済と結合し、権力による金銭的な利権は「改革・開放」以前よりはるかに拡大され、大きな社会問題にもなった。

 革新的な技術の研究と開発を担う大学や研究機関も、その複雑な権力社会に覆われているので、研究者は研究開発の費用や自分の実益を拡大するために、権力を追求せざるを得ない。そのため、落ち着いて研究開発に集中することができない。場合によっては、大学や研究機関の独立性は失われ、何を研究し何を開発するかは、権力の争いと利益の争いにも大きく影響される。このように、イノベーションを起こすための自由な思考、独自の探索といった環境が不十分であり、独創的な研究開発に全力が取り組むのは難しいと考える。

NEXT関係社会

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング