技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

ルールを守ってもらう魔法の言葉

ダイアローグって、何だろう(下)

山本 啓一朗=かなりあ社中
2012/01/26 07:00
印刷用ページ

 こんにちは。「かなりあ社中」の山本です。今回の「ソーシャル・リーマンズが行く!」は前回に引き続き、「ダイアローグ(対話)」について、紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。(前回のコラムは、 こちら

 前回は、「対話と討議の違い」、そして「結果の質ではなく、関係の質を高める対話とは何か」について、説明しました。前回をお読みになっていない方、あるいは忘れてしまった方は、ぜひ読み返していただけると、より今回の内容が分かりやすいと思います。

 前回の最後に宿題を出しました。

 以下のようなシステム開発現場の会話に、ダイアローグ(対話)の要素を取り入れ、関係の質を高める方向に修正すると、どんな会話に変化するか、というものでした。「プロジェクト・マネジャー」のAさん、「システム・エンジニア」のBさんは、「プログラマ」のCさん、「営業担当者」のDさんの4人による、顧客への納期を守るための作戦会議の様子です。

いつの間にか責任の擦り付け合いに

Aさん 「おいおい、このテスト結果は何なんだ。いつまでたってもバグが収束しないじゃないか。このままでは、お客様と約束した納期に間に合わない。いったいどうなってるんだ」
Bさん 「SEとして仕様はきちんと伝えてるんですがね。プログラムの品質がイマイチなんじゃないですか」
Cさん 「ちょっと待って下さい。設計書に記載がなかった追加仕様のプログラミング対応に追われていて、その他の作業が遅れてるんです。もっと早く言ってくれると間に合ったのですけれど」
Dさん 「え? 営業からは、早めに伝えてますよ」
Bさん 「あの曖昧なメールだけで伝えたつもり? 営業がお客様の要望をきちんと整理できないから、いつも俺みたいなSEが苦労するんだよ」
Dさん 「それじゃあ、どうして分からない部分を営業に聞いてこないの?」
Cさん 「あのー、2人の話が終わったら、きちんと紙に書いて仕様を教えてくれませんか? 忙しいので、きちんとした仕様書がないと対応できません」

 いつの間にか責任の擦り付け合いになり、プログラマのCさんは自分の作業範囲を制限して、部分最適な行動をとりつつあります。

 どうでしょう? これに「きちんと相手のことを意識する」対話の考え方を入れたらどう変わるでしょう。みなさん、いろいろなことを思い描いたことと思います。もちろん、正解は一つではありません。ここでは、一例を示してみます。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング