• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント竹内 健の「エンジニアが知っておきたいMOT(技術経営)」 > あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい

竹内 健の「エンジニアが知っておきたいMOT(技術経営)」

あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい

徹底的にユーザーの立場に立った商品企画と技術開発

  • 竹内 健=東京大学 准教授
  • 2011/12/26 11:30
  • 1/3ページ

 早いものでもう年末ですね。2月にこのコラムを始めてから、飽きずに読んで下さっているみなさん、本当にありがとうございます。おかげさまで多くの方に読んで頂き、とても励みになります。今回は今年最後のコラムですし、ブログ風に気楽に書きますので、どうぞ力を抜いて読んで下さい。

 クリスマスにこの原稿を書いているのですが、山下達郎の「クリスマス・イブ」は今でもクリスマスの時期には人気があるのですね。私はいわゆるバブル世代で、「クリスマス・イブ」の曲が街に流れていた頃に大学生時代を謳歌しました。まあ、はっきり言って遊んでいました。

 YouTubeに、1988年から1992年まで放映された「クリスマス・イブ」が主題歌のJR東海のCMを見つけました。ヒロイン役の深津絵里、牧瀬里穂、高橋リナ・・・というと思い出す方も多いのではないでしょうか。

 このCMを見ると、20年前と今で変わったものと、変わらないものに気付かされます。変わったものの代表は、技術の進化。このCMには、携帯電話もインターネットもメールも自動改札機もありません。プリクラがようやく登場するくらいです。

 携帯電話がある現代では、このCMのようにクリスマス・イブに彼とすれ違いになりそうでヒロインがヤキモキすることはないでしょう。まあ、ヤキモキした方が恋愛にはいいかもしれませんけれど。

 また、この20年で通信のコストが劇的に下がりました。遠距離恋愛をしていても、わざわざ会いに行かなくても、メールを使ってほとんど無料でやり取りすることができます。また、PCにカメラを接続してSkypeを使えば、海外に居ても、相手の顔を見ながら簡単に話をすることができます。

 このような便利な現代をもたらしたのは、半導体をはじめとするエレクトロニクスの進化。高速なCPU、大容量のメモリ、高画素のイメージセンサ、高精細な液晶ディスプレイやタッチパネル、無線通信技術、携帯用バッテリーなどが、この20年の急激な技術の進化の立役者で、その主役を日本のエンジニアが常に担って来ました。

 こうしたハードウエアの進化が無ければ、Google、YouTube、Twitter、Amazonといったインターネットを使ったサービスも実現しなかったでしょう。

 さて、次の20年はどうなるのでしょうか? 今までのように、何かのデバイスを速くすればよい、小さくすればよいというわけには、なかなかいかなくなりました。技術の猛烈な進歩により、私たちの周りのエレクトロニクス製品は、既にかなりのレベルにまで達し、もう十分便利です。

 その結果、市場が何を求めているか、良くわからない時代になってきました。デジタル技術の最先端を用いた3Dテレビがビジネスとしては苦戦しているのが象徴的でしょう。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓