• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり設計革新 > 設計力強化のための“もの・ことづくり”プラットフォーム「P3LM」 

設計力強化のための“もの・ことづくり”プラットフォーム「P3LM」 

趣旨
2011年は、東日本大震災、ユーロ危機による世界経済同時不安、超円高、タイの大洪水など、日本のものづくりにとっても過去にない激動の1年でした。
これまでも、日本のものづくりは幾多の環境変化に立ち向かってきましたが、変化のスピードはますます速く、企業に与える影響も巨大なものになってきています。
そんな岐路に立たされている現在、重要な生き残り策の一つが“設計力の強化”です。“設計力の強化”をPLMの視点から見直して、グローバルなものづくり業務プラットフォーム「P3LM」を提案します。
坂井 佐千穂
(経歴)SCSK株式会社 製造ソリューション事業部 営業推進部 ものづくりITアドバイザー
1975年諏訪精工舎(現セイコーエプソン)に入社。開発・設計経験の後に、設計手段(CAD、CAE)の開発・適用の推進に従事。1990年後半からおよそ15年間、全社設計プロセス革新活動を推進し、業務の本質追求、新しいしくみ化を目的に、3次元設計・CAE、IT(PDM、PLM)、品質工学などの手段や手法の融合適用によるパラダイム変革を実践。2008年住商情報システム(現SCSK)に入社。爾来、ものづくりITアドバイザーとして、日本のものづくりの“次の一手”を、ものづくり企業と共同で構想・実践中。3次元設計、CAEのユーザー会会長、ECOM委員などを歴任。現在は横断型基幹科学研究団体連合人材育成調査研究会委員を委嘱。

記事一覧

【技術者塾】(6/9開催)
「製品の差異化」はこれでうまくいく

~顧客ニーズと設計のギャップを埋める技術~


実務経験豊富な講師が、優れた「製品の差異化」を実現する具体的な方法を解説します。また、この取り組みの骨格とも言えるQFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)のうまいやり方、コツを分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月9日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ