技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

居酒屋の愚痴から抜け出すには

大震災をキッカケに考えた、これからのサラリーマンの姿

塚本 恭之=かなりあ社中
2011/12/15 07:00
印刷用ページ

 こんにちは。「かなりあ社中」の塚本です。前回の臼井と同様、このコラムの連載を担当することになりました。以後、お見知りおきのほどをお願いいたします(我が社中のFacebookサイト「ソーシャル・リーマンズが行く!」はこちらです。絶賛、ご意見募集中です!)。

 前回も紹介したように、このコラムは「臼井清」と、私「塚本恭之」、次回登場する「山本啓一朗」という3人の普通のサラリーマンが出会ったことをキッカケに始まりました。3人とも、年代も働く会社も趣味もだいぶ違います。

 そんな3人がなぜ出会い、一緒に「ソーシャル・リーマンズ」の普及活動という“裏の顔”を持つようになったのか。今回はその話を軸に、最近広がりをみせている「仕事の領域を社内外に自由に広げながら、仕事を思う存分に楽しむ人々」の世界を紹介したいと思っています。

 恐らく、前回のコラムを読んだ方の中には、「あんたら何者?」と考えた方も少なくないかもしれません。まずは、3人がどんなサラリーマン生活を過ごしてきたか、それぞれ簡単に紹介してみましょう。

このまま、サラリーマン生活を終えちゃうの

 最年長の臼井が社会人になったのは、右肩上がりの経済成長が当たり前だった昭和の時代。海外赴任や新製品の企画など、それなりに会社生活を楽しんでいました。でも、ふと気が付きます。サラリーマン生活も20年を越え、いつのまにか「昔の自慢話」に生きる“おっさん”になっていると。

 周囲を見ると、自分と同じようにシニカルな笑みをたたえた人の何と多いことか。「このまま俺もサラリーマン生活を終えちゃうのかなぁ」という気持ちを漫然と持ちながら過ごしている時、新規事業を生み出す製品のネタ探しという新しい仕事を仰せつかったのです。

 社会人としてバブル経済を謳歌したミーハー根性はまだ残っていて、体力と気力がある日は流行のスポットに足を運び、ネタ探しを続けました。その中で出会ったのが、ソーシャル・ビジネスの世界。「社会的な課題をビジネスの手法で解決していく」という考え方に引かれました。

 関連する展示会で見かけた商品にも、頭をガツンと殴られました。例えば、発展途上国向けに製品化された、子供でも簡単に大量の水を運搬できる円筒状の器具「Qドラム」。常に最先端のテクノロジーに注目するのではなく、技術を本当に必要とされる人々の生活に役立てるという“適正技術”に基づく発想には、目からうろこが落ちました。その会場に集う参加者の前向きなパワーにも驚き、「よっしゃあ、このパワーの源をちょっと探ったる!」と、もともと関西人の臼井は仕事との関係性を全く意識しないまま、社外での活動をスタートしたのでした。

SEとして、モンモンと過ごす日々

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング