エネルギー
 

Google社も投資する太陽光発電システムのリース事業に注目

Junko Movellan=米Solarbuzz社 米国PV市場担当シニアアナリスト
2011/11/09 08:00
印刷用ページ
米Google社は2011年6月に米SolarCity社と提携し、Googleがこれまで実施したクリーン・エネルギー関連の投資として最大規模となる2億8000万ドルのファンドを設立した。さらに同年10月には、米Clean Power Finance社という別の会社にも7500万ドルを投資したーー。  Google社が組んだSolarCity社とClean Power Finance社は、いずれも太陽光発電システムのリース会社である。米国では今、太陽光発電システムを入手する手段の一つとして、リースが主流となっている。米国最大の太陽光発電市場であるカリフォルニア州において、住宅用太陽光発電システムのリース数は、2010年第1四半期から2011年第3四半期にかけて200%近く増えた。現在では、リースが住宅用太陽光発電システム販売総数の40%以上を占めるまでに成長している。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング