• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント技術者の仕事力を高める 視座力・視点力・価値観力 > 第8回・視座、視点、価値観を図式化すると

技術者の仕事力を高める 視座力・視点力・価値観力

第8回・視座、視点、価値観を図式化すると

  • 中村 民明=tami情報教育研究所 代表
  • 2011/10/06 00:00
  • 1/2ページ

 これまで視座、視点、価値観についていろいろと説明してきましたが、より理解を深めてもらうために、レストランを例にして図を使って解説します。また、図式化することによって、思考を深められる可能性も示してみたいと思います。

(1)視座図

 「視座、視点、価値観とは」の項で紹介した視座には「お客さん」「店員」「店長」「外部の関係者」が登場しています。そして、「お客さん」には「ファミリーレストラン好みのお客さん」と「高級レストラン好みのお客さん」がいます。「店員」には、「接客担当」「厨房担当」「仕入れ担当」がいます。また、「店長」は「管理者」と「経営者」の役割を持っています。さらに、「外部の関係者」には「仕入れ業者」や「金融機関」があります。

  これらの視座と対象物であるレストランを図式化した「視座図」は、次のように描くことができます。楕円は対象物で、矢印の方向は各視座から対象物を見る視線です。

図 レストランの視座図
《 》は視座群を表し、〔 〕はその内訳視座を表している

 このように思考の結果である視座を図で表すことで、視座を客観的に認識しやすくなり、「視座意識」がやりやすくなります。また、「視座交換」(例えば、店長が自分の視座を店員やお客さんの視座に変えること)もしやすくなります。そして、視座力を強化させるツールの一つになります。

(2)視点図

 「視座、視点、価値観とは」の項で表れた視点には、「満足感」「お客さんの態度」「お客さんの満足度」「食材の品質」「給料」「コスト」「売り上げ」「リピート率」があります。そして、「満足感」の内訳として「店の雰囲気」「料理の品質」「価格」「待ち時間」があり、さらに「店の雰囲気」の内訳として「店員の接客態度」「調度品」「店内の静かさ」「店の明るさ」が表れています。

 これらの視点を図式化した「視点図」は、次のように描くことができます。楕円は対象物で、矢印の方向は対象物に対する着眼点を引き出しています。

図 レストランの視点図

 このように、思考の結果である視点を図で表すことで、実に多くの視点があることが分かり、「視点拡大」になります。これでも、すべての視点を書き合わせたわけではありません。また、「満足度」や「店の雰囲気」のように視点には階層があることも分かります。視点図を作成することは「視点力」を強化することになります。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ