技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第8回・視座、視点、価値観を図式化すると

中村 民明=tami情報教育研究所 代表
2011/10/06 00:00
印刷用ページ

 これまで視座、視点、価値観についていろいろと説明してきましたが、より理解を深めてもらうために、レストランを例にして図を使って解説します。また、図式化することによって、思考を深められる可能性も示してみたいと思います。

(1)視座図

 「視座、視点、価値観とは」の項で紹介した視座には「お客さん」「店員」「店長」「外部の関係者」が登場しています。そして、「お客さん」には「ファミリーレストラン好みのお客さん」と「高級レストラン好みのお客さん」がいます。「店員」には、「接客担当」「厨房担当」「仕入れ担当」がいます。また、「店長」は「管理者」と「経営者」の役割を持っています。さらに、「外部の関係者」には「仕入れ業者」や「金融機関」があります。

  これらの視座と対象物であるレストランを図式化した「視座図」は、次のように描くことができます。楕円は対象物で、矢印の方向は各視座から対象物を見る視線です。

図 レストランの視座図
《 》は視座群を表し、〔 〕はその内訳視座を表している

 このように思考の結果である視座を図で表すことで、視座を客観的に認識しやすくなり、「視座意識」がやりやすくなります。また、「視座交換」(例えば、店長が自分の視座を店員やお客さんの視座に変えること)もしやすくなります。そして、視座力を強化させるツールの一つになります。

(2)視点図

 「視座、視点、価値観とは」の項で表れた視点には、「満足感」「お客さんの態度」「お客さんの満足度」「食材の品質」「給料」「コスト」「売り上げ」「リピート率」があります。そして、「満足感」の内訳として「店の雰囲気」「料理の品質」「価格」「待ち時間」があり、さらに「店の雰囲気」の内訳として「店員の接客態度」「調度品」「店内の静かさ」「店の明るさ」が表れています。

 これらの視点を図式化した「視点図」は、次のように描くことができます。楕円は対象物で、矢印の方向は対象物に対する着眼点を引き出しています。

図 レストランの視点図

 このように、思考の結果である視点を図で表すことで、実に多くの視点があることが分かり、「視点拡大」になります。これでも、すべての視点を書き合わせたわけではありません。また、「満足度」や「店の雰囲気」のように視点には階層があることも分かります。視点図を作成することは「視点力」を強化することになります。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング