• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント技術者の仕事力を高める 視座力・視点力・価値観力 > 第7回・なぜ「視座・視点・価値観」に注目するのか(後編)

技術者の仕事力を高める 視座力・視点力・価値観力

第7回・なぜ「視座・視点・価値観」に注目するのか(後編)

  • 中村 民明=tami情報教育研究所 代表
  • 2011/09/29 00:00
  • 1/2ページ

(3)問題解決力の向上に向けて

 ここで取り上げる問題解決の「問題」とは、入学試験に出る「問題」などではありません。また、トラブルの問題だけでもありません。ここでの「問題」とは、こうありたいという目標の状態(desired state)と現実の状態(initial state)にギャップがあり、そのギャップを埋める手段(moves)や方法(method)が見つからない場合において、そのギャップをなくそうとする時、立ちはだかる壁を「問題」としています。そして、そのギャップを埋める行動を「問題解決行動」としています。

 仮にトラブルが発生している場合、現状はトラブルが起こっている状態であり、トラブルが解消した状態が目標の状態です。また、自分の力をレベルアップしたい時は、現在のレベルが現実の状態であり、想定レベルに達した状態が出現することが目標の状態です。したがって、学習や訓練をして目標のレベルにまで向上できた時、「問題を解決した」といえます。

 このような「問題」は身の回りにいくらでもあり、私たちは日常的に「問題解決」をしていると言えるのです。この問題解決においても、視座力・視点力・価値観力を発揮することで、効率よく問題解決できるようになり、良好な解決結果が得られるようになります。

 問題解決を解決するには、次の八つのステップが考えられます。

(1)問題の意識化(現状を変えなければならない何かがあることを意識する)
(2)問題の定式化(現状を認識し、解決できた状態(到達目標)を明確にする)
(3)解決案の創出(現状を到達目標に引き上げる方策を複数考える)
(4)解決案の策定(複数の解決案の中から、問題解決に最適と思う案を策定する)
(5)解決策の実行(選択した解決案を実行に移す)
(6)解決過程(解決策実行の過程で発生する問題に対応する)
(7)解決結果の確認(解決案を実行した結果が、目標に定めた「解決できた状態」であることを確認する)
(8)解決過程全体の評価(問題解決の過程と結果を評価する)

 これらのすべてのステップで、視座力・視点力・価値観力が特に有効に働きます。

 (1)の問題の意識化では、どんな立場から(どんな視座で)現状を見ているのか、どんな所に目を付けているのか、どんな価値を意識しているのか…によって、問題が意識化していきます。

 (2)の問題の定式化とは、現状と到達目標を明確にし、解決の方法がないことを確かめ、ギャップがあると考えることができたら、そのギャップを明らかにすることです。現状を明確にするにも、到達目標を明確にするにも、視座力・視点力・価値観力が有効に働きます。

 とかく現状把握は主観的になりやすいものです。主観的になると、本当に解決すべき問題が見えなくなります。実は、表面に表れている問題は、その問題を起こしている原因から生じた一つの結果なのです。また、その原因もさらに別の原因の結果である場合があります。問題を根本的に解決するには、大元の原因(真の原因)を突き止める必要があります。
 
 このように真の原因を突き止めるには、主観的な思いだけでは見落とす可能性があります。客観的に原因を突き止めるには、その問題事態の視点をできる限り多く持つことが重要です。その視点で、現状を整理するのです。また、その問題は誰にとって(視座)問題なのかも考える必要があります。当然のように思い込んでいる場合が多いのですが、改めて意識してみると意外な結果が出る場合があります。
 
 到達目標の設定についても、誰のために(視座)解決すべきなのか、何が(視点)どのような状態になると解決したと言えるのかを考えることで、ブレのない到達目標が設定できます。さらに、目標達成はどんな価値をベースにしているのかを考えなければなりません。それは、価値観の設定との照らし合わせが求められます。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ